本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

大会レポート

Team R2 出走レポート

Team R2メンバー
1月29日 「第36回 大阪国際女子マラソン」(レポーター:藤井ちひろさん)
れいちゃん(上田怜さん)が東京から応援に来てくれ、撮影してくれました! 仲間を見つけた時のテンションとスピードの上がり具合は魔法です
れいちゃん(上田怜さん)が東京から応援に来てくれ、撮影してくれました!
仲間を見つけた時のテンションとスピードの上がり具合は魔法です

先日までの寒波が嘘のような、暖かい天候(レース中の最高気温は13.7度)の1月29日、『第36回大阪国際女子マラソン』へ初参加してきました。スタートは12時10分。点呼までの時間は和やかな中にも「負けられない女の闘い」のような独特の空気を感じました。この大会の一番のポイントは、世界・日本のトップランナーと一緒に本気で出走できること。トップ選手に引っ張られ、スタートから全員が猛スピードで駆け抜けていきます。

出場者は少数精鋭! 人混みのストレスとは無縁

今年から出場資格が3分繰り上げられ、フルマラソンを3時間10分で走った実績が必要となり、エントリー数は昨年より約100名少ない約435名(実質出走者は約400名)。
数字ではあまりピンとこなかったのですが、スタートラインに立って目を疑いました。全員顔見知りになれるのではないか!?と感じるくらいです(大きいトラックにランナー集団がポツン。という具合です)。そのため、競技場を出てからは「人が多くて走りにくい」と感じることはなく、自分の走りやすいペースの集団についていくことができました。

「走りやすいフラットコース」×「力強い応援」で記録更新が狙えるレース

コースは長居陸上競技場のトラックから出発し、大阪城を経由、御堂筋を走り、折り返します。前半は緩い下り、後半はダラダラとした上りが気になりますが、全体的に大きなアップダウンがないので走りやすく、同じレベルで記録更新を目指すランナーに囲まれているため、調子が良ければ良い結果に繋がりそうなレースです。
沿道からは名前を呼んでもらえ(ゼッケンにフルネームが記載されています)、東京から「Team R2」メンバーのれいちゃん(上田怜さん)が駆けつけてくれ、本当にパワーをもらいました。ラスト1kmの声援の力強さは一生忘れないと思います。まるで自分が主役かのような気持ちになりました!


ところが私の結果は、最初から最後まで走りに集中できず雑念ばかり。セカンドベストの3時間4分31秒でしたが消化不良のレースとなりました。
1月はケガの影響でほとんど走れず、ハーフ地点を過ぎたあたりから故障パーツ全てが痛み出し、心と呼吸は元気で顔はニコニコしているのに胃から下は悲鳴を上げていました。(「笑ってんとスピードあげろ!」と叱咤激励の声援をたくさんいただきました)
さすが国際マラソンだけあり、30km以降ぐんぐんスピードを上げていくランナーにたくさん抜かされていきました。来年は、コンディションをしっかり整えて出直したいと思います!

憧れの大阪国際に初めて参加してみて、「この大会ならでは!」と感じたことをご紹介します! 今後出場を目指す方に参考にしてもらえたら嬉しいです。

スペシャルドリンクは8本預けられる

8本それぞれに何が入っているか申告します。ボトルの直径・幅には制限がありますが装飾(モールやゼッケン番号の紙)はサイズに含まれません。

初めてのスペシャルドリンク体験。ゼッケンの末尾番号でテーブルが分けられています。5kmごと合計8箇所に設置されています。メッセージを書いてもらい、当日の励みにしました。
初めてのスペシャルドリンク体験。
ゼッケンの末尾番号でテーブルが分けられています。
5kmごと合計8箇所に設置されています。
メッセージを書いてもらい、当日の励みにしました。

ウエアのチェック

レース用ウエア(上下)、ウォーミングアップ用ウエアのチェックがあります。ロゴが大きすぎるとテープで隠されます。

トップランナーと同じ場所でウォーミングアップできるという、貴重すぎる体験ができました
トップランナーと同じ場所でウォーミングアップ
できるという、貴重すぎる体験ができました

ゆったりできる控室(更衣室)

更衣室はゼッケン番号ごとに分けられており、ひとり1個ロッカー(鍵はなし)が割り当てられるので、ゆったり過ごせます。各部屋にシャワーもあるので、レース終了後汗を流すこともできます。

スタート直前まで身体を冷やさず待機できる

スタート前の点呼が出走20分くらい前に開始されます。ギリギリまで上着などを着ておくことができ、専用バッグに上着を入れて点呼場所に置いておくと、レース中に更衣室へ運んでくれます。

参加賞。真ん中のリュックが点呼に持ち込める専用バッグ
参加賞。真ん中のリュックが点呼に持ち込める専用バッグ

さよならパーティー

表彰式を兼ねた「さよならパーティー」がホテルニューオータニで開催されます。ゴール会場からホテルまでは専用バスで送迎。歓談したり、お食事を楽しんだり、写真を撮ったり同窓会のような雰囲気です。パーティー用に洋服を準備されている方が多いようでした。


大会の風景

いよいよスタートです。ランナーの少なさ、伝わりますでしょうか!?

いよいよスタートです。
ランナーの少なさ、伝わりますでしょうか!?

スタート直後から、すごいスピードで、自分のペースを失います

スタート直後から、すごいスピードで、自分のペースを失います

スタート前に、みこちゃん(井野光子さん)と

スタート前に、みこちゃん(井野光子さん)と

井野選手。すれ違った時にはその走りに惚れ惚れしました。本当に美しい

井野選手。すれ違った時にはその走りに惚れ惚れしました。本当に美しい

大阪の中央公会堂。この前を通過します。私はこのレトロな建物が大好きです

大阪の中央公会堂。この前を通過します。
私はこのレトロな建物が大好きです

大会のシンボル!

大会のシンボル!

ゴールでタオルがもらえます!

ゴールでタオルがもらえます!

大会HP: http://www.osaka-marathon.jp/

藤井 ちひろ 公式Facebookページ: https://www.facebook.com/Run.TeamR2.Chihiro.F/

次回のレポートをお楽しみに!

Team R2 大会レポート一覧へ

Team R2 TOPへ戻る


ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント