本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

RUNNERS WOMAN SPECIAL

Team R2 名古屋ウィメンズマラソンへの道【第9回】


ランニング親善大使、Team R2は、11月のつくばマラソンで、出走メンバー10名全員が「サブ4」を達成。
そして次なる目標、3月13日開催の「名古屋ウィメンズマラソン」に向けてトレーニングを積んでいます。
ここでは、メンバーのトレーニング内容や、走るための工夫、悩み、ランニングの楽しみ方など、
レースに向けた取り組みを紹介していきます。
名古屋ウィメンズマラマラソンに参加が決まっている方はもちろん、春先レースを目標としている方も、
ぜひ一緒に頑張りましょう♪

バリエーション豊富なメリハリトレーニング!
仲間とのトレーニングで集中力アップ

浦谷美帆さん

職業:スポーツインストラクター
走歴:7年
自己ベスト:3時間22分03秒(2015つくばマラソン)
目標:3時間15分切り

スポーツインストラクターという職業柄、走らない日も身体を動かしている浦谷さん。ランニング以外のトレーニング(ヨガ、ピラティス)も積極的に取り入れ、全身を使う努力をしています。なかなか思うように時間のとれないときは、仲間とのトレーニングの予定を入れ、練習時間をむりやり確保。気持ちが乗らないとき、自分に負けそうなときは、仲間の力も借りてトレーニングを行っています。いまは、レース直前となり、名古屋のゴールを想像しながらコンディショニングに取り組む日々。脚の状態が思わしくありませんが、ベストを尽くし記録更新を目指します。

最近のトレーニング内容

2月29日(月) ジョグ 5km(5'30"/km)
3月1日(火) ヨガ・ピラティス・ジョグ 3km(5'30"/km)
3月2日(水) レースペース 10km(4'35"/km)
3月3日(木) エアロビクス・ピラティス
3月4日(金) ビルドアップ 10km(5'00"/4'30"/4'15"/4'00"/km)
3月5日(土) ジョグ 10km(6'30"/km)エアロビクス・ヨガ
3月6日(日) 渋谷・表参道Women's Run 10km (6'00"/km)


トレーニング時間の捻出法

●ちょっとやそっとではやめられないように

友人を誘ってトレーニングの予定を入れたり、受講側として練習会への参加を申し込んだりすることで、そのときの気分で練習をやめないようにしました。

レースに向けた取り組み

●速い人とスピード練習

仕事の都合でなかなか思ったような練習はできなかったけれど、「気持ちだけは負けないように、練習の時は集中とリラックスを心がけています」という浦谷さん。いまは花粉症と右脚のシンスプリントのため、決してよいコンディションとは言えないけれど、めげてしまいそうなハイペースでの練習では、速い人に引っ張ってもらうなど、工夫を凝らしています。

浦谷美帆さんの名古屋への道はこちらから


食事管理と温冷交代浴で身体のケア
痛みの対処がコンディショニングのカギ!

大村由衣さん

職業:会社員
走歴:2年
自己ベスト:3時間28分50秒(2015つくばマラソン)
目標:3時間21分

トレーニング時間捻出に工夫を凝らす大村さんにとって、趣味と実益を兼ねて楽しみにしているのがトレーニング後の銭湯。ここではリラックスしつつも、疲労を残さないように温冷交代浴を取り入れています。走らない日には体幹部の筋トレを行い、効果的にトレ―ニング。また、食事ではレース前のカーボローディングを実施。レースを控えたいま、スピ―ドを上げたときの脚の痛みが不安材料ですが、残りの期間でコンディションを整え、気持ちを切らさず自己ベスト更新を目指します。

最近のトレーニング

2月29日(月) 7kmビルドアップ走(6'40'/km~4'20'/km)
3月1日(火) 休養日(腹筋、背筋)
3月2日(水) 7km(5'41'/km)
3月3日(木) のんびり空腹LSD@東京観光スポット巡り 22km(6'41'/km)
3月4日(金) 3km(5'00/km) 最後の500mダッシュ
3月5日(土) 休養日(腹筋、背筋)


レースに向けて

●食事とケアをさらに強化

減量目的でもありますが、レース前のカーボローディングでは、いったん糖質を制限するため、野菜とたんぱく質中心の献立を心掛けています。同時に、効率よく簡単にビタミンをとるためにスムージー(フルーツやグリーン)も取り入れて。トレーニング後に立ち寄る銭湯では、疲労を残さないように温冷交代浴を行ってリフレッシュ。身体はもちろん心もスッキリします。

ちょっぴり不安が…

●脛の張りが起きるように

右脚の脛の張りがよく起こるようになって少々不安を抱えています。スピードを出すと張りが強くなり、ひどいときは攣りそうになります。ストレッチと軽くマッサージをしてしのいでいるものの、本番での不安材料が増えてしまいました。

大村由衣さんの名古屋への道はこちらから

写真/菊池陽一郎、中島健一


ランニング初心者集まれ