本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

RUNNET TRAIL コラム

トレラン・レースリポート

トレニックワールドin外秩父トレイルラン50km&43km

埼玉県西部の秩父盆地を取りまく、外秩父の山々を巡るトレイルランレース「外秩父トレイルラン50km&43km」に出場しました。「累積標高差2888m。16の峠を越える」と、かなりタフなコースですが、全体的に走れる箇所が多く、景色も変化に富み、実際に走ってみると、とても走りやすいコースです。


熊野古道中辺路マウンテンランレース

平成9年、和歌山でトレイルレース初開催の記事が地方紙、紀伊民報に載っていたのを見つけたのが、トレイルレースとの出会いです。この大会には、31km、18km、9kmと3種目あり、私は今回31kmに出場しました。


OSJ奄美ジャングルトレイル50K

南国の島、奄美大島で開催される奄美ジャングルトレイルに参加してきました。
「東京から奄美大島まで行くのは遠いよなあ」「旅費も結構かかっちゃうよなあ」と二の足を踏んでいましたが、調べてみると「格安航空券で行くとこんなに安いの?」「しかも空港からもレンタカー借りれば会場まですぐじゃん」と、本州で開催される他のレースに参加するのと、たいして変わらない金額と時間でいけることが分かり今年は参加を決めました。...


生駒トレイルラン

第3回生駒トレイルランに参加して来ました。
まずこの大会の魅力は、交通アクセスの良さにあります。多くのトレイルランの大会は、最寄り駅からスタート地点まで結構な距離を歩く必要があります(ウォーミングアップにはなるのですが……)。その点、この大会のスタート地点、大阪府交野市の「私市水辺プラザ」は、京阪電車私市(きさいち)駅から徒歩4~5分。...


TOKYO八峰マウンテントレイル2015

東京都内の有名なトレイルコース「高尾山~陣馬山」の登山道を一部通過する新しい大会が誕生しました。東京都内で日帰りができる大会ということで、参加のしやすさも魅力に思い出場してきました。


グラン・レイド・レユニオン

フランスの海外県で、インド洋に浮かぶ小島レユニオンで開催される、100マイルのトレイルレース「Grand Raid Réunion (グラン・レイド・レユニオン)(以後GRR)」に出場しました。これから世界のレースに挑戦する方へ参考になればと思いリポートします。
(RUNNETスタッフ・O)


日本山岳耐久レース(通称:ハセツネ)

山に行きたくても近くに山がない!という埼玉県川口市在住のランナー保岡昌彦さん。都内にあるIT企業に勤務し、普段のトレーニングは皇居と荒川河川敷がメインだが、週末に山でのトレーニングを取り入れ、4度目のハセツネで自己ベストの更新にチャレンジ。さてその結果は?


ウルトラトレイル・マウントフジ(通称:UTMF)

ウルトラトレイル・マウントフジとは、富士山をぐるりと1周する国内最高峰のトレイルランニング大会。
この過酷なレースにトレイル歴3年で挑んだのが地元静岡県富士市出身の渡辺真理さん。
フルマラソンのベストタイムは今年の勝田マラソンでマークした3時間30分44秒。
普段はバイオリン講師を務める真理さんが体験したUTMFのレースは?


トレニックワールドinおごせ・ときがわ30km

今年で第4回目の開催となるトレニックワールドinおごせ。
この大会の魅力は埼玉県西部の越生・飯能・秩父エリアを中心とした里山の素晴らしさに加え、ちょっとキツくて楽しいコース、そして 何よりも運営スタッフとエイドの食べ物などのオモテナシと、誰もが嬉しくなる大会ばかりです。
今回はTWを代表するこの大会のリポートを通じて、その魅力が少しでも伝わったらいいな、と思います。


2015大雪山ウルトラトレイル

累積標高差3,855mの80km(制限時間15時間)を最長に、40km、25km、さらに5kmトレッキングという種目もある、北海道最大規模のトレ イル大会、大雪山ウルトラトレイルは今年で3回目の開催となりました。このコースを知り尽くし、今回総合3位となった三浦裕司さんに、タフな80kmの コースとその攻略法を紹介してもらいました。


八重山トレイルレースin 山梨上野原

3月に今シーズン最後のフルマラソンが終わり、“初夏のお楽しみ”として八重山トレイルレース(ロングの部 38.55km)に出場しました。


富士忍野高原トレイルレース

富士忍野高原トレイルレースに出るのは今回で3回目。前回に引き続き、ロング(31.7km)に出場しました。


東丹沢宮ケ瀬トレイルレース

今年初のトレイルレースは、これからのトレイルシーズンの練習も兼ねて、がっつりトレイルでなく、ロードが多い(トレイル率40%)東丹沢宮ヶ瀬トレイルレース(距離32.1km、標高差1,116m)に出場しました。


瀬戸内アイランドトレイルin呉・上蒲刈島

広島県呉市の上蒲刈島(かみかまがりじま)で行われた、「瀬戸内アイランドトレイルin呉・上蒲刈島(かみかまがりじま)」に出場しました。


Da MONDE TRAIL(ダモンデトレイル) Challenge3H耐久トレイルレース

愛知県東部に位置する新城市。その中でも北部の山々に囲まれた愛知県民の森に特設されたトレイルコースを使って、初開催となる「Da MONDE TRAIL(ダモンデトレイル)
Challenge3H耐久トレイルレース」が行われました。


Shodai Adventure Mountain 小岱山トレイルランニング

熊本県北部の小岱山は、県立自然公園に指定されているハイキングや登山に人気のポイント。
ここを舞台に、距離20km、累積標高1,800mというトレイルランレースが誕生しました。


鋸山アドベンチャーフェスタ&トレイルランレース

千葉県の人気大会「鋸山トレイルランレース」に出場してきました! 
初日はトレイルレース(14kmと28kmの2種目)で、2日目は距離表示や給水所もないアドベンチャーランニング。私はトレイルの28kmに出場しました。


OMM JAPAN

ふたり一組でチームを組み、夜は野営して2日間にわたって山の中を走りまわる。
キャンプ道具や食料、水を背負いながら、地図をたよりに自分たちでルートを決めて進む。そんなハードでユニークなレースが開催されました!
山を走る速さだけでなく、地図を読む力や、コースどりを判断する力など、山の総合力が試されるこの競技に出場しましたのでレポートします。


陣馬山トレイルレース

東京都八王子市と神奈川県相模原市の境界にある、標高854mの陣馬山で行われる、陣馬山トレイルレース(23.54km)は、今年で14回目を数える首 都圏の人気トレイル大会。
11月4日に開催されたこのレースに、RUNNETスタッフSが参戦、レースの模様を
リポートします。


富士山麓トレイルラン

富士山の麓、川口湖畔で行われる、富士山麓トレイルラン。
心洗われる美しい風景と、樹海を含む、緑深いトレイルに設定された、変化に富んだコース。
24歳の女性ランナーが、思い切り童心にかえって楽しんだレースの模様をリポートしてくれました!


白馬国際トレイルラン

ハードな登りも、清流沿い の柔らかな道も、白い花の咲き乱れるそば畑や、頭を垂れる稲穂、色鮮やかな気球。そして雄大な北アルプスの山々……。そんな多彩な風景を楽しめる、絶景の トレイルラン。
「日本一楽しい大会!」を掲げた白馬国際トレイルラン、50kmのロングコースに出場した3人の女性ランナーを中心にレースの様子をリポートします!


The 4100D マウンテントレイル in 野沢温泉

「The・4100Dマウンテントレイルin野沢温泉」は、日本屈指の難関コースというのがうたい文句の大会。そういわれると出場したくなってしまうのが、トレイルランナーの性ですよね。
というわけで、高定差4,100mの65kmに出場してきました。