本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

知っ得

SHITTOKU

【知っ得】最強市民ランニングチーム、強さの秘密は「トンネル走」にあり!?

最速市民ランニングクラブ決定戦――と銘打たれた「ミズノWAVE EMPEROR CUP」の決勝大会が、7月10日(日)に夢の島陸上競技場(東京・江東区)外周コース(4.6km×5人の駅伝)で行われ、東北代表「強くなろーの会」が1時間08分22秒で優勝しました。

決勝大会には、4~5月に全国6地区で行われた予選会(5人の5000mの合計タイムを競う)で2位以内に入った合計12チームが参加。12チーム中の最下位でも5000mの平均タイムが17分9秒(キロ3分25秒)、出場者の多くが陸上経験者で、中には元箱根ランナー(!)もいるハイレベルな戦いの中、「強くなろーの会」と、関東代表「Team M×K」による激しい先頭争いが繰り広げられました。

体型やフォームからも、参加者のレベルの高さがうかがえる
体型やフォームからも、参加者のレベルの高さが窺える

5区スタート時点で10秒先行していた「Team M×K」を、「強くなろーの会」の金塚洋輔さん(31歳)がラスト1kmで逆転。「追いついてからは少し後ろについて力を溜めて、最後は一気に出ようと思っていた」という作戦通り、そのまま差を広げて、最後はガッツポーズで仲間が待つ歓喜の輪の中に飛び込んでいきました。

「このレースに向けて、3000mのタイムトライアルや、1000m2分55秒×8本のインターバル走などを仲間とやってきました。みんな仕事を持っているので、なかなか全員で集まれる機会は少ないのですが、走力の近い仲間と一緒に走ることで、質の高いトレーニングができます。」

「強くなろーの会」は、結成から1年足らず。山形県上山市で公務員をしている金塚さんが、県内の強い市民ランナーに声をかけて結成。LINEで連絡を取り合いながら、不定期で仕事後に合同トレーニングを行っています。

ゴールの瞬間、抱き合って喜ぶ「強くなろーの会」のメンバーたち
ゴールの瞬間、抱き合って喜ぶ「強くなろーの会」の
メンバーたち

山形は11~3月の間は雪が積もっていて、練習環境は他の地区と比べてよくはありません。そんな中、山形のランナーがよく行っているのが「トンネル走」です。「私は800m程度のトンネルをよく往復して走っています。他のランナーとトンネル内で会うこともよくありますね。月間走行距離は400~500kmです」

レベルの高い仲間との切磋琢磨と、「トンネル走」をはじめ不利な練習環境をはね返す創意工夫。それが、市民ランニングクラブの初代「エンペラー」の強さの秘密でした。

決勝は夢の島陸上競技場(東京都)。日本一高い建造物・スカイツリーも、日本一をかけたレースを見下ろしている!?

決勝は夢の島陸上競技場(東京都)。
日本一高い建造物・スカイツリーも、
日本一をかけたレースを見下ろしている!?

会場では大会名にもなっているミズノのシューズ「WAVE EMPEROR」の試ばきも行われ、参加者からの注目度も高かった

会場では大会名にもなっているミズノのシューズ
「WAVE EMPEROR」の試ばきも行われ、参加者
からの注目度も高かった