本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

コラム

COLUMN

【週刊ランナーズ】最高気温24℃、完走率は約65.7% 沖縄の青い空と海を堪能できる100kmマラソン

12月16日(日)に、3回目となる「沖縄100Kウルトラマラソン」(制限時間14時間)が開催され、545人のランナーが参加しました。約8割は県外からの参加者。沖縄県南部の与那古浜公園を発着とし、観光名所としても有名な百名ビーチや奥武島(おうじま)など、主に海沿いを走るコースです。群馬県から2年連続で参加したという阪本茂樹さん(64歳)は
「沖縄らしい景色が見たくて参加しました。昨年はあいにくの雨でしたが、今年は天気も良く、ばっちり楽しめました。特に印象深いのは、80㎞過ぎにあるニライ橋・カナイ橋。コースで一番きつい上り坂がありますが、歯を食いしばってそこを上り切ると、雲ひとつない青い空と海が広がる雄大な景色を堪能することができました。ただこの日は最高気温が24℃あり、涼しかった昨年から完走タイムを1時間近く落としてしまったのは残念です(10時間48分6秒)」
完走者数は358人(完走率約65.7%)。ゴールしたランナーには、沖縄県産の陶器「やちむん」の完走メダルが贈られました。

80km過ぎにあるニライ橋・カナイ橋。コース全体の高低差は約165m。「走る前は、海沿いのコースなので、フラットだろうと予想していましたが、意外とアップダウンがあり、きつかったです」(阪本さん)
80km過ぎにあるニライ橋・カナイ橋。コース全体の高低差は約165m。「走る前は、海沿いのコースなので、フラットだろうと予想していましたが、意外とアップダウンがあり、きつかったです」(阪本さん)

完走メダルは沖縄県産の陶器「やちむん」
完走メダルは沖縄県産の陶器「やちむん」

与那古浜公園にゴールするランナー
与那古浜公園にゴールするランナー


記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント