本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

週刊ランナーズ

WEEKLY RUNNERS

走る仲間のスポーツ・マガジン「月刊ランナーズ」編集部スタッフが走って取材したランニング情報!

【週刊ランナーズ】大阪マラソン日本人トップは城西大学コーチ「200m×25~30本がマラソンに活きました」

11月25日に第8回大阪マラソンが開催されました。現行コースでは最後となるレースには3万238人が出走、2万9303人が完走しました。
2時間14分19秒で日本人トップの2位に入ったのは、城西大学駅伝部コーチの五十嵐真悟さん(32歳)。「最近あまりいいレースができていなかったのですが、次につながる走りができたと思います」と満足そうに話してくれました。
五十嵐さんは城西大学を卒業後、実業団「SUBARU」に進んだものの2011年からマネジャーに。それでも走り続けて、2014年大田原マラソン優勝などの結果を残し、2015年に城西大学コーチに着任。2016年勝田全国マラソンで出した2時間13分15秒が自己ベストです。


「今は朝5時30分から選手と一緒に練習し、9時から15時は大学職員として勤務。18時前後まで選手の午後練習を見て、その後に自分の練習を行っています。近頃はスピードに課題を感じていたのですが、1人では1kmや2kmのインターバルで追い込むのは難しい。そこで、週1回程度朝4時頃に起きて30kmジョギングを行い、その後半10kmに200mダッシュ×25~30本といったスピード走を組み込むようにしました。さらにバウンディングなどジャンプ系の練習やウェイトトレーニングも行うことで、脚筋力がアップし、練習のペース走を速いペースで押していけるようになりました」

11月の全日本大学駅伝では8位に入ってシード権を獲得した城西大学。自ら走り続けることで、選手にも刺激になっているといいます。

「朝4時に起きて走っていると、『何をやっているんだろうな』と思うこともあります(笑)。でも学生の中にもマラソンに挑戦したいという子がいるので、私を見て『このぐらいの練習でもこの結果が出るんだ。自分もできるのではないか』とポジティブにとらえてくれると思っています。もちろん箱根駅伝でいい成績を残すことが一番ですが、いずれはトラック、マラソンで世界に挑戦する選手が出てきてほしいですね。自分自身の目標は、この冬でマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の出場権を得ることです!」

(ランナーズ編集部)

日本人トップの2位でゴールする五十嵐さん
日本人トップの2位でゴールする五十嵐さん


記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント