本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

週刊ランナーズ

WEEKLY RUNNERS

走る仲間のスポーツ・マガジン「月刊ランナーズ」編集部スタッフが走って取材したランニング情報!

【週刊ランナーズ】日本新記録の大迫選手、サインには……

10月7日(日)に開催されたシカゴマラソンでは、大迫傑選手が2時間5分50秒の日本新記録をマークして3位となりました。このタイムはこれまでの自己ベストを約1分30秒、設楽悠太選手が今年の東京マラソンで出した2時間6分11秒を21秒更新するものでした。
このレースに日本から出場した久本駿輔さん(27歳)は、レース後の表彰式で、大迫選手から大会Tシャツにサインをもらったとのことですが、
「日本記録を出したレースなので、記念にタイムを書いてほしいと頼んだのですが、『タイムは書けない』と言われてしまいました。帰国後のコメントを見ても、まだまだ記録には満足していないからだと思います。さすがだと思いました」
Tシャツには優勝したモハメド・ファラー選手、19位だった川内優輝選手もサイン。
「川内さんは『大迫君の隣は書きづらいな。これから頑張らないといけない』と言いながら、いつもの『現状打破』を添えて書いてくれました。字にもそれぞれの特徴が表れていると感じます」
 
久本さん自身も自己ベスト2時間21分の俊足ランナー。今回のレースでは2時間26分16秒で完走しています。
「自己記録を狙って女子の先頭集団についていきましたが、石畳のような路面と中盤からの雨を受けて失速してしまいました。それでも、沿道からは『ガンバレ』と日本語でたくさんの応援を受け、ゴール後もスタッフが積極的に話しかけてくれたことに感激しました。レース翌日も大会に関連するTシャツやウエアを着た人であふれ、町全体で大会を盛り上げている雰囲気でした」

大迫傑選手のサイン

大迫傑選手のサイン

川内優輝選手のサイン

川内優輝選手のサイン


記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント