本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

週刊ランナーズ

WEEKLY RUNNERS

走る仲間のスポーツ・マガジン「月刊ランナーズ」編集部スタッフが走って取材したランニング情報!

【週刊ランナーズ】オホーツク網走マラソン優勝の齊藤真也さん ジョグのこだわりは「ハーフマラソンより長い時間走る」こと

9月30日(日)に、北海道・網走市で行われた「オホーツク網走マラソン」。1988人のランナーが参加し、山形県の齊藤真也さん(26歳)が2時間26分20秒で優勝しました。
「アップダウンのあるタフなコースに加え(高低差は約80m)、海沿いは風が強く、最後はかなりきつかったのですが、2.5kmごとのエイドにはたくさんの方々が応援に駆けつけてくれ、とても勇気付けられました」(齊藤さん)

齊藤さんは東洋大学陸上競技部出身で、現在は山形県天童市の職員。平日は終業後、19時過ぎから15~20km程度ジョグをするのが日課です。
「意識しているのは、ハーフマラソンより長い時間を走る、です。私のハーフのベストが64分台ですが、15~20km走ると、大体70~90分くらいになります。これは時折一緒に合宿をする川内優輝さんの影響です。川内さんは練習でフルマラソン以上の距離を走る時がある。それを聞いて、せめてハーフマラソンくらいの時間なら、毎日でも走ってやろうと思ったんです」

月間走行距離は500~550km。疲労回復法は、週3~4回は入るという、地元の温泉。ハーフマラソン、そして2時間17分のフルマラソンベストの更新を目指しています。

(ランナーズ編集部/栗原)

約3km地点で独走となり、そのままひまわり畑の広がる大曲湖畔園地のゴールに飛び込んできた齊藤真也さん
約3km地点で独走となり、そのままひまわり畑の広がる大曲湖畔園地のゴールに飛び込んできた齊藤真也さん


スタートは映画の舞台にもなった網走刑務所前

スタートは映画の舞台にもなった網走刑務所前

記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント