本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

週刊ランナーズ

WEEKLY RUNNERS

走る仲間のスポーツ・マガジン「月刊ランナーズ」編集部スタッフが走って取材したランニング情報!

【週刊ランナーズ】第1回日本最北端わっかない平和マラソン、女子優勝はTeamR2遠藤摩耶さん 「ヘトヘト35km走が、最後の粘りにつながりました」

9月2日(日)、北海道稚内市で、第1回「日本最北端わっかない平和マラソン」が行われ、フルマラソンの部に874人のランナーが出走しました。
スタート時の気温は20.5℃、高低差は約25mのフラットなコース。ここまでは夏のマラソンにしては走りやすい条件ですが、海沿いのワンウエイコースには、スタートからゴールまで、常に強い向かい風が吹き付け、ランナーを苦しめました。気象庁の発表によると、12時(スタート後3時間)の風速は8.0m、11時11分には、13.1mの最大瞬間風速を記録しています。

「これだけずっと向かい風という経験は初めて。サブスリーのペーサーについていったのですが、きつくて20kmから遅れてしまいました」
と話すのは、TeamR2の遠藤摩耶さん。2時間49分の自己ベストを持つ遠藤さんも、向かい風でかなり体力を消耗してしまったようです。
しかしペースは落ちたものの、後半粘り、3時間12分34秒で記念すべき第1回大会の女子優勝者となりました。
「ランナーズの誌面企画で35km走を7月に実施しなかったら、もっと悪いタイムだったかもしれません。いつもは途中でペースが落ちてしまうと、あきらめてしまい、歩いたり、棄権してしまっていましたが、今日は集団から離れた後も、強風の中、1人で走り切れました。きつかった真夏の35km走の経験が、最後まであきらめない気持ちにつながったと感じています」

現在発売中の『ランナーズ』10月号「フルマラソン快走! ヘトヘト疲労を求めて35km走」では、遠藤さんを含め11人のランナーが猛暑の中に実施した35km走の体験談を掲載しています。ぜひご一読ください。

(ランナーズ編集部/栗原)

最後の直線を走る遠藤さん。この夏は35km走の他に、札幌30K、旭川30Kでペーサーを務め、暑い中30km以上の走り込みを3本こなしてきた
最後の直線を走る遠藤さん。この夏は35km走の他に、札幌30K、旭川30Kでペーサーを務め、暑い中30km以上の走り込みを3本こなしてきた


スタート地点は日本最北端の宗谷岬。川内優輝選手(写真左)は、2時間24分55秒で2位だった

スタート地点は日本最北端の宗谷岬。川内優輝選手(写真左)は、2時間24分55秒で2位だった

記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント