本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

週刊ランナーズ

WEEKLY RUNNERS

走る仲間のスポーツ・マガジン「月刊ランナーズ」編集部スタッフが走って取材したランニング情報!

【週刊ランナーズ】全日本マラソンランキング1位のトレーニング 毎日15km朝ランで、62歳で2時間58分

現在発売中の『月刊ランナーズ』7月号 付録、「全日本マラソンランキング」。2017年4月~2018年3月に行われた対象80大会のフルマラソンの記録を集計し、1歳刻みでランキングするこの企画を、毎年楽しみにしていた人は多いのではないでしょうか。
(WEB版全日本マラソンランキングはこちら)

2017年度の62歳1位は、3月の板橋Cityマラソンで2時間58分26秒を出した土本立春さん(愛知)。
「トレーニングのほとんどは、キロ6分20秒ペースでの15km朝ラン。30km走やスピード練習、筋トレなどはやっていません」
と、トレーニング内容は至ってシンプルですが、そこにかける情熱は並大抵のものではありません。
「私にとってランニングは飯を食うことと同じ。1日1回は走らないと落ち着かない。だから1回の強度は低くても毎日走る。キロ6分20秒なら、脚が痛くても何とか走れますから。勝負レース前の月間走行距離は500~600kmです」

6月22日(金)発売予定の『月刊ランナーズ』8月号では、土本さんのトレーニングについて、TeamR2属(さっか)美緒さん(24歳・3時間24分)が詳しくインタビュー。また土本さん以外にも、毎週30~35km走を実施している中島洋さん(60歳4位・2時間58分26秒)、早朝から150m流し×30本を行っている鈴木純子さん(46歳2位・2時間56分3秒)など、全日本マラソンランキングでトップ5に入るランナーたちのトレーニングや生活の工夫をご紹介します。お楽しみに。

(ランナーズ編集部 栗原)

2013、2014年度に次いで3回目の全日本マラソンランキング1位を獲得した土本さん。仕事は文具・玩具製造会社の営業職



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント