本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

週刊ランナーズ

WEEKLY RUNNERS

走る仲間のスポーツ・マガジン「月刊ランナーズ」編集部スタッフが走って取材したランニング情報!

【週刊ランナーズ】「ビルを数える」「家族を思い出す」 柴又100K完走者の心が折れなかった秘訣

6月3日に開催された「柴又100K」。
当日の東京は最高気温28.6℃という暑さで、江戸川河川敷を走るコースは日陰がほとんどなく、過酷な環境でした。
その中で完走したランナーたちが折れそうな心を支えるために行った「心の工夫」を聞きました。

「歩いてもきっと苦しいので、同じしんどいなら走った方が得だと思って走り続けました。距離表示が確実に増えていくのを見てエネルギーにしました」(富田繁生さん・37歳/9時間15分42秒)

「とにかく前を向いて走り続けること。そして、苦しさを忘れるために、景色の中に見えるビルの数を数えて走っていました」(浜崎空樹さん・35歳/9時間19分21秒)

「今回は応援に来ていないのですが、3歳の娘と1歳の息子の顔を思い出して、『格好いいパパじゃないと』と考えました。65kmぐらいからずっと頭に浮かんでいました」(斉藤浩志さん・43歳/10時間44分57秒)

「60kmぐらいからきつくてペースが不安定になってしまったので、安定して走るランナーの後ろについて気を紛らわせました。そのうちリズムも良くなりました」(東宮直貴さん・42歳/11時間24分6秒)

100kmだけではなく、フルマラソンにも役立ちそうなこれらの工夫。みなさんもぜひ試してみてください。

(ランナーズ編集部 行場)


スタートする100kmの出走者たち(写真・小野口健太)

スタートする100kmの出走者たち(写真・小野口健太)


記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント