本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

週刊ランナーズ

WEEKLY RUNNERS

走る仲間のスポーツ・マガジン「月刊ランナーズ」編集部スタッフが走って取材したランニング情報!

【週刊ランナーズ】2時間44分で洞爺湖マラソン優勝の藤澤舞さん。「月間走行距離を600㎞から400㎞に減らしました」

5月20日(日)に開催された洞爺湖マラソンで女子総合優勝を果たしたのは、地元北海道の藤澤舞さん(43歳)。タイムは歴代2位の2時間44分20秒で自己ベストでした。
実は藤澤さんの昨年までの自己ベストは2016年東京マラソンの2時間50分22秒。病院職員として勤務しながら、43歳にして約6分記録を更新した秘訣を聞きました。

毎朝5 時起きで2 時間走っていた
「初マラソンは1999年のホノルルで、2003年からは毎年北海道マラソンに出場しています。練習が大きく変わったのは2007年から。ランニングの理論などは知りませんでしたが、毎朝5時から2時間走ると決めて月500~600㎞を走るようにしたんです。ペースはゆっくりですが、自分で決めたことなので、雨でも雪でも休まず走りました。すると、同年の東京国際女子マラソンでサブスリーを達成できたんです。2009年の名古屋国際女子では2時間50分23秒まで伸びました」

距離を減らしてメリハリを付けたら走力アップ
「しかし、以後はなかなか記録が伸びず、2016年の東京で1秒だけ更新。2016年に『年齢的にも何かを変えないと50分が切れない』と札幌エクセルACというチームに加入しました。それからはコーチのアドバイスを受け、毎朝20㎞ゆっくり走っていたものをメリハリのある内容に変更。週1~2回は16㎞ビルドアップ走や20㎞ペース走を行うようになりました。体幹トレーニングも週2回始め、その分、きつい練習の翌日は完全休養にすることも。これらの取り組みで走行距離は400㎞程度に減りましたが、スピードが出しやすくなったと感じます。貧血も改善し、今年の大阪国際女子マラソンで2時間47分を記録。その後も板橋Cityとかすみがうらで2時間45分で走れ、今回の洞爺湖もほとんど失速せず自己ベストが更新できました。この勢いで、6月のサロマ湖100㎞ウルトラマラソンでは4位以内に入って9回目の日本代表を目指します!」

(ランナーズ編集部 行場)

ゴールテープを切る藤澤さん

ゴールテープを切る藤澤さん


記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント