本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

週刊ランナーズ

WEEKLY RUNNERS

走る仲間のスポーツ・マガジン「月刊ランナーズ」編集部スタッフが走って取材したランニング情報!

【週刊ランナーズ】TeamR2阿久津美和子さんは仙台のランニングクラブでコーチを務めるママさんランナー

新緑の定禅寺通りを約1万人が駆け抜けました

新緑の定禅寺通りを約1万人が駆け抜けました

「夫に負けたのが悔しい……」と話すのは、TeamR2メンバーの阿久津美和子さん(30歳・宮城)。5月13日(日)に開催された、仙台国際ハーフマラソン(完走者数:10,213人)に一家で出走し、夫の真倫さん(34歳)の1時間30分58秒、父親である近藤正隆さん(56歳)の1時間33分16秒に続き、美和子さんは1時間34分15秒でフィニッシュしました。

美和子さんは6歳になる葵くんを育てながら「SEADS(シーズ)杜の都」という仙台を拠点とするランニングスクールでコーチを務めています。元々は実業団ランナーでしたが足底筋膜炎やシンスプリントに悩み、現役を引退。結婚と出産を機に一度はランニングを中断しましたが6年前に再開しました。
「ケガばかりだった実業団時代の経験を糧にして、今は走ることだけが練習じゃないということを伝えるように心がけています。登山や筋トレによって筋力を高めることが怪我をせずに走り続けるためにはとても大切であることを伝えています」


出場したクラブのメンバーは全員が無事完走(写真真ん中が美和子さん)
20名が目標タイムを達成しました

左から美和子さん、正隆さん(父)、真倫さん(夫)

「家族では、10月14日の東北・みやぎ復興マラソンでも勝負をしようと今から話をしています。5ヵ月も準備する期間があるので、目標は大きく3時間15分を狙ってトレーニングに励みます!(現在の自己ベストは3時間30分41秒)」(美和子さん)

RUNNETでは4月21日から活動している第7期TeamR2のメンバーを紹介、月刊ランナーズにも登場しますので、ぜひご覧ください。

TeamR2メンバー紹介ページ
https://runnet.jp/woman/teamr2/member/


記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント