本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

週刊ランナーズ

WEEKLY RUNNERS

走る仲間のスポーツ・マガジン「月刊ランナーズ」編集部スタッフが走って取材したランニング情報!

【週刊ランナーズ】MCC「大会新記録誕生授賞式」開催! 「藤原新。マラソンランナーとして生きる」

2017年4月に一般財団法人アールビーズスポーツ財団が企画したMCC(マラソンチャレンジカップ)をご存知でしょうか?
MCCは、市民ランナーからトップアスリートまで「マラソンに挑戦する全ての人を応援するプロジェクト」で、MCC参加大会で大会新記録を樹立したランナーには10~100万円の賞金が授与されます。

今期は計33の参加大会のうち、男女で23の大会新記録が誕生。そのうち12人が、4月14日(土)にホテルメトロポリタン長野で開催された「MCCマラソンチャレンジカップ長野アワード・大会新記録誕生授賞式」に出席しました。
受賞者を代表して挨拶をしたのが2012年ロンドンオリンピック代表の藤原新選手。「マラソンランナーにはいくばくかのお金が必要。(MCCは)とても夢のあるシステム」と語りました。

そんな藤原選手は36歳になった現在もマラソン挑戦者。昨年末から年始にかけてはケニアに行き、アパートに住み込み、現地のランナーとトレーニングを行っていました。ランナーズでは6月号(4月21日発売)から連載「藤原新。マラソンランナーとして生きる」を開始。藤原選手自らが綴る「挑戦記」を毎月お届けします。

藤原新選手は第3回富山マラソンで2時間16分32秒

藤原新選手は第3回富山マラソンで2時間16分32秒

女子代表として挨拶をしたのは、東北・みやぎ復興マラソン2017で2時間40分37秒をマークした小﨑まり選手。2007年の大阪大会を始めとする世界陸上に3回出場した経験を持ち、現在は小学1年生のお子さんを育てながらトレーニングを行っている。

女子代表として挨拶をしたのは、東北・みやぎ復興マラソン2017で2時間40分37秒をマークした小﨑まり選手。2007年の大阪大会を始めとする世界陸上に3回出場した経験を持ち、現在は小学1年生のお子さんを育てながらトレーニングを行っている。

MCCの詳細はこちらから(4月末に第2期情報の更新予定)。
東北・みやぎ復興マラソン2019等、現在エントリー受付中のMCC加盟大会もあります。
http://www.marathon-cc.com/


記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント