本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

週刊ランナーズ

WEEKLY RUNNERS

走る仲間のスポーツ・マガジン「月刊ランナーズ」編集部スタッフが走って取材したランニング情報!

【週刊ランナーズ】17年前、箱根の5区(山上り)を走った大村 一さん 250m坂ダッシュで、37歳で2時間29分台の自己ベスト

「箱根の5区で、最後に抜かれた悔しさが、ずっと心に残っています。市民ランナーとして走り続ける今でも、何かを達成することで、あの日を取り返したい、そう思っています」
と話すのは、2001年の箱根駅伝に、法政大学の5区として出走した大村一さん(39歳)。この年は、2区で先頭に立った法政大学が、4区終了時点までトップをキープ。先頭でタスキを受け取った大村さんは、追い上げてきた順天堂大学、中央大学と激しいデッドヒートを繰り広げたものの、最後に力尽き、先頭から55秒差の3位で芦ノ湖のゴールに辿り着きました。

卒業後は、地元・長野県の塩尻市役所で働きながら(現在は長野県庁に出向)、ランニングを続けています。
「トレーニングは片道6kmの通勤ランが中心です。ただゆっくり走るだけだと腰が落ち、スピードが出にくい走りになってきます。3~4年前には、5000mで16分が切れなくなっていました」

そんな時、始めたのが坂ダッシュでした。
「週に1回、県庁のランニング仲間たちと一緒に、7~8kmのジョギングをしています。そのコースの中間地点くらいに、箱根の5区より急な、250mくらいの長さの坂があります。そこを全力で3~5本上り下りするトレーニングを、2年ほど前から始めました。効果はテキメンでした。上りで心肺機能や脚力が鍛えられるだけでなく、下りで腰高フォームが身につき、ラクにスピードが出せるようになりました」
5000mの記録は再び15分台に戻り、2017年のびわ湖マラソンでは、2時間29分1秒と、37歳にして初めて2時間30分を切りました。

「箱根を走った2カ月後に、同じびわ湖に出た時は、35kmから歩くのに近いペースになり、2時間38分近くかかりました。まさか2時間30分を切るのに、15年もかかるなんて(笑)。4月15日(日)の長野マラソンに出場予定ですが、2時間30分を切って、自己ベストを更新したいですね」

坂道走に興味を持った方は、現在発売中のランナーズ5月号の特集「速くなるには、坂道が近道」も併せてお読みください。

(ランナーズ編集部 栗原)

2017年の松本マラソンで、短距離走者のように胸を突き出してゴールする大村さん(2時間42分59秒)

2017年の松本マラソンで、短距離走者のように胸を突き出してゴールする大村さん(2時間42分59秒)

松本マラソンゴール後の一枚。ちなみに箱根5区を走った当時は金髪でした

松本マラソンゴール後の一枚。ちなみに箱根5区を走った当時は金髪でした


記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント