本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

週刊ランナーズ

WEEKLY RUNNERS

走る仲間のスポーツ・マガジン「月刊ランナーズ」編集部スタッフが走って取材したランニング情報!

【週刊ランナーズ】女子マラソン代表選考に、豊川高校卒業生が続々名乗り。

「関根花観さんにはサインをもらいました。リオ五輪の報告会で来校したときに話をするチャンスがあったんです。自分に厳しく上を目指そうという姿勢で結果を出しているので尊敬しています」
 と話す、豊川高校(愛知県)女子陸上部の浅田遥香さん。同校は全国高校駅伝女子大会で歴代最多の4回優勝。3月11日の名古屋ウィメンズマラソンでは、卒業生の関根選手(日本郵政)が初マラソンながら2時間23分7秒の3位。4位となった岩出玲亜選手(ドーム)とともに、東京五輪代表選考レース・マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の出場権を獲得しました。

ふたりは豊川高校在学中の2012年にチームメイトとして全国高校駅伝を走っています(岩出選手が1区、関根選手は4区を走り準優勝)。また1月の大阪国際女子マラソンでMGC出場権を獲得した安藤友香選手(スズキ浜松AC)も同校の卒業生。そんな先輩たちの活躍に、母校の高校生たちも刺激を受けている様子。

「東京五輪がより身近に感じるようになりました。昨年は県予選で負けてしまったけど、今年はどうすれば全国で優勝できるか、学年に関係なく自分から行動することをテーマにしています。ウォームアップで動きが遅かったら指摘しあったり、先生から「~~しなさい」と言われてからではなく、みんなが意見するようになっています」(浅田さん)

3月22日発売のランナーズ5月号「高校陸上部訪問・希望の星」では、豊川高校が登場。マラソンで活躍する女子選手たちの原点が垣間見えるかもしれません

(ランナーズ編集部 春城)

練習後のミーティング風景

練習後のミーティング風景

全国から選手が集まる同校。女子は全員が寮で共同生活を送っている。写真のお皿は、寮に飾られている全国高校駅伝で優勝したときの記念品

全国から選手が集まる同校。女子は全員が寮で共同生活を送っている。写真のお皿は、寮に飾られている全国高校駅伝で優勝したときの記念品

写真/小野口健太


記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント