本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

週刊ランナーズ

WEEKLY RUNNERS

走る仲間のスポーツ・マガジン「月刊ランナーズ」編集部スタッフが走って取材したランニング情報!

【週刊ランナーズ】フルマラソン2時間35分で走るシューフィッターが行う「レースシューズ」テストペース走

「2月4日(日)の別大を目指していますが、今日(1月18日)はレースペース(キロ3分40秒)で5000m×2本を行いました。1本目と2本目は違うシューズをはき、別大でどちらをはくかテストしました」
と話すのは、フルマラソン2時間35分のベストタイムを持つシューフィッターの藤原岳久さん(46歳)。レース前は、いつも4000~5000mのレースペース走を2~3本行い、そこで候補となるシューズの感触を試している。

「マメや擦れなど、トラブル要素が無いかは当然チェックするとして、一番はレースペースのキロ3分40秒がほんのわずかでもラクに感じられるか。私はトラックで100mごとのラップを測りながら、細かくペース管理した上で比較しています。おろしたてのシューズをレースペースではいて問題が無ければ、2回目にはくのがレースでもかまわないと思っています」

またシューズ選びのヒントとして、30㎞以降脚にきて失速しているランナーは少し「重め」のモデルを選ぶことを挙げる。
「10gの軽さの違いを気にする人も多いのですが、軽いシューズは当然様々な機能を削っています。42.195㎞脚がもたないなら、少し重めの、脚を保護する機能がしっかりしているシューズを選ぶことも大切。私自身、お店で3時間30分向けとして売られているモデルでも、走った感触が良ければ勝負レースではくこともありますよ」

『ランナーズ3月号』 の特集は「新春シューズ大プレゼント」。今、注目の22モデルを66名様にプレゼントします。もちろん冬~春の勝負レースではくシューズを探すにも活用できますよ。ぜひご一読ください。

シューズを選びも、ランニングの魅力の一つです

シューズを選びも、ランニングの魅力の一つです

3社のメーカーやショップ勤務を経て、2013年からシューズアドバイザーとして独立して活動している藤原さん。「藤原のコレを履きこなせ」など、シューズに関連したミニイベントも多数開催している。

3社のメーカーやショップ勤務を経て、2013年からシューズアドバイザーとして独立して活動している藤原さん。「藤原のコレを履きこなせ」など、シューズに関連したミニイベントも多数開催している。

(ランナーズ編集部 栗原)


記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント