本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

週刊ランナーズ

WEEKLY RUNNERS

走る仲間のスポーツ・マガジン「月刊ランナーズ」編集部スタッフが走って取材したランニング情報!

【週刊ランナーズ】ハイテクハーフを64分で圧勝! 大阪マラソンでも2位の池上さんはベジタリアン

「前半は向かい風の影響があってあまりペースが上がりませんでしたが、集団から出て自分のペースで走った後半10kmは10kmの自己ベスト(29分44秒)を上回る29分35秒で走ることができました。4月のフルマラソンに向けて順調に来ていることを確認できました。次のフルマラソンでは優勝したいと思っています」

こう話すのは、1月14日(日)のハイテクハーフを1時間4分39秒で優勝したプロランナーの池上秀志さん(24歳)。昨年11月の大阪マラソンで2時間13分41秒の2位に入っており、この日も現役大学生らが出走する中、後続を約1分突き放す走りでした。

そんな池上さんは、肉や魚は食べない「ベジタリアン」。普段の食事は、自分で調理し、外食の際も防腐剤や保存料が入っている食材は極力避けるそうです。
「高校生のころから食に興味があり、1日2食にするなどいろいろな方法を試していました。現在のような菜食主義になってからは精神的な波がなくなり、練習や勉強を集中してできるようになったと感じています。きつい練習の途中にうまく走れなくても、気持ちを切り替えて残りのメニューをこなせるようになりました」

こういった食事内容や影響を受けたというオーストラリアの世界的名指導者、パーシー・セラティについて、池上さんと山西哲郎先生が話し合う企画が1月22日(月)発売のランナーズ3月号に掲載されます。ぜひお楽しみください。

後半ペースアップして独走した池上さん(1046)  写真/室伏那儀

後半ペースアップして独走した池上さん(1046)  写真/室伏那儀

(ランナーズ編集部 行場)


記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント