本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

週刊ランナーズ

WEEKLY RUNNERS

走る仲間のスポーツ・マガジン「月刊ランナーズ」編集部スタッフが走って取材したランニング情報!

【週刊ランナーズ】レース前の風邪予防に効果的?! 61歳サブスリードクターが実践する「あいうえソング」とは

「大事なレース前は、絶対に風邪をひきたくはありません。私は『あいうえソング』という予防法を実践しています」
と話すのは、2016年度1歳刻みランキング61歳の部1位(2時間57分2秒)の小野木淳さん。千葉県市原市で「小野木医院」(外科、内科、食養内科など)を営んでいる現役のドクターです。
「『大きな古時計』や高校の校歌など、スローテンポな曲を歌いながら、時折舌をべーっと出します。これは『あいうべ体操』(大きな口を開けながら、あ、い、う、と声を出し、最後にべーッと舌を出す)という風邪予防法を、退屈しないように私がアレンジしたものです。風邪の9割はのどから来ると言われていますが、この『あいうえソング』を行うことで、鼻から入る空気が温められ、扁桃腺を痛めにくくなります」
舌をべーっと出すことで、舌の筋肉が鍛えられます。すると口腔内の舌の位置が上がって、天井にくっつくようになります。舌はとても血液が豊富な臓器なので、それが口腔の天井に張り付くと鼻腔の温度も上がるのです。
小野木さんは、40歳の頃に64日間で約4700㎞もの距離を走る「アメリカ大陸横断レース」を完走するなど、超長距離レースで活躍。55歳でフルマラソンの記録に再度挑戦し、61歳の今でもサブスリーをキープしています。

「目標は2時間48分!」と語る小野木先生「就寝時に口に絆創膏を貼って入眠するのも、扁桃腺を守るのには有効です」
「目標は2時間48分!」と語る小野木先生。「就寝時に口に絆創膏を貼って入眠するのも、扁桃腺を守るのには有効です」


11月22日(水)発売の『月刊ランナーズ』1月号では、連載「寝ても覚めてもサブスリー」にて、小野木さんのトレーニングや、こだわりの食事などをご紹介しています。ぜひご一読下さい。

ランナーズ2018年1月号はこちら

(ランナーズ編集部 栗原)


記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント