本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

週刊ランナーズ

WEEKLY RUNNERS

走る仲間のスポーツ・マガジン「月刊ランナーズ」編集部スタッフが走って取材したランニング情報!

【週刊ランナーズ】サロマ湖100kmウルトラマラソン 世界歴代2位のタイムで優勝!!

6月25日(日)に開催された、第32回サロマ湖100kmウルトラマラソン。今年は一日中雨風が止まないコンディション(気温は10~14℃前後。出走3236人、完走2311人、完走率71.4%)。現在、札幌国際大学でコーチ兼選手として活動している板垣辰矢さん(29)が、世界歴代2位の6時間14分18秒で優勝した。

「1998年のこの大会で砂田貴裕さんが出した世界記録(6時間13分33秒)まであと45秒届きませんでした。80kmの時点で2分ほど余裕があったのですが、最後の20kmで辛くなりました。最初の10kmのペース(37分27秒)をもう少し上げておけば……。悔しさが残っています」

板垣さんは帝京大学時代に箱根駅伝を2度走り、その後自衛隊体育学校でニューイヤー駅伝に2回出場した。27歳の時、4位以内ならIAU100km世界選手権に出られるというサロマ湖100kmのホームページを見て初めて100kmに挑戦。2015年は6時間40分33秒で3位、2016年は6時間37分5秒で優勝を果たし、2年連続でIAU100km世界選手権に出場した。

「結果論ですが最初の10kmをもう少し上げておけばよかったです(板垣)」
「結果論ですが最初の10kmをもう少し上げておけば
よかったです(板垣)」

いたがき・たつや 
1988年1月4日生、
静岡県三島市出身。

世界記録を視野に入れたのは、昨年のIAU100km世界選手権で山内英昭さん(31歳)が6時間18分22秒(当時世界歴代4位)を出して優勝したことがきっかけだ。「自分も世界ランキング6位の成績でしたが、山内さんが同じ静岡出身なので、静岡県で2位……、まずは日本で頂点に立ちたいと思って練習方法を工夫しました」

今年は神奈川マラソンのハーフで9年ぶりの自己ベスト(1時間4分8秒)、千歳国際マラソンで川内優輝が2013年に出した大会記録(2時間18分29秒)を破って大会新(2時間17分19秒)。「来年のサロマ湖でも優勝を狙います!」


(ランナーズ編集部 市村)


記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント