本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

週刊ランナーズ

WEEKLY RUNNERS

走る仲間のスポーツ・マガジン「月刊ランナーズ」編集部スタッフが走って取材したランニング情報!

【週刊ランナーズ】年齢別世界記録保持者・保坂好久さん(68歳) 毎朝「太平洋を見ながらスクワット!」

保坂さんは静岡県下田市で暮らしている。自身の年齢別世界記録のタイムは59歳2時間34分23秒、60歳2時間36分30秒、61歳2時間38分12秒。

保坂さんは静岡県下田市で暮らしている。自身の年齢別世界記録のタイムは59歳2時間34分23秒、60歳2時間36分30秒、61歳2時間38分12秒。

「下り坂を毎日走っていればひざや足腰だって痛くなります。だから弱点を補うように、ウエイトリフティングを欠かしません」
は、現在発売中のランナーズ6月号「2大トップランナー対談」に登場した59、60、61歳の年齢別フルマラソン世界記録保持者である保坂好久さん(68歳)のコメント。

保坂さんといえば、1㎞の「下り坂インターバル」を毎日行っていることが代名詞のようになっていますが、実は筋トレを取り入れた、日々の朝練習も見逃すことができません。私がその「朝練習」に同行させてもらったのは、2015年5月29日のことです。

6時前から自宅でストレッチを行った後、小石を両手に海を見ながら2時間ランニング。その間、「筋トレ」「坂ダッシュ」「呼吸をしない20mダッシュ」などを組み込んでいました。

最近もこの朝練習の内容は「ほとんど変わっていない」と言いますが、今年3月の静岡マラソンで「3年ぶり」のサブスリー(2時間58分11秒)を達成したと聞いた時は、太平洋を見ながらのスクワット(写真)直後に「この練習を行っていると、全身からエネルギーが湧き上がってくる気がするだろう?」と話しかけられたことを、思い出さずにはいられませんでした。

(ランナーズ編集部 黒崎)


関連記事

記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント