本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

週刊ランナーズ

WEEKLY RUNNERS

走る仲間のスポーツ・マガジン「月刊ランナーズ」編集部スタッフが走って取材したランニング情報!

【週刊ランナーズ】「足音を聞きながら走る」がサブスリーランナーのマイルール(?)

生駒ボルダーを走る岡田さん(左端)と上野さん(右端)

生駒ボルダーを走る岡田さん(左端)と上野さん(右端)

「私には走力を保つためのマイルールがあるんです」。
3月末、関西ランナーの聖地と言われる「生駒ボルダー」を実走取材中、案内してくれたミズノランニングクラブ(MRC)関西リーダーの岡田夏来さん(53歳)がこう話してくれました。岡田さんは自己ベストが2000年に出した2時間26分53秒で、今年の東京マラソンでも2時間49分29秒で走っているランナー。
いくつかあるというマイルールのうち、3つを挙げると、

①雨の日でも気にせず走る
いったん濡れてしまえば気にならないし、晴れていても汗はかくから同じ。普段よりも呼吸は楽に感じる。そして何よりライバルのランナーに差をつけるチャンス!

②レースでも練習でも走るときは必ず足音を気にする
脚には体重の3倍の衝撃がかかるというが、1歩1歩衝撃を抑えるように走れば2.5倍になるかもしれない。その衝撃を抑えるための目安が、足音を小さくできているかどうか。この積み重ねがフルマラソンでも30㎞以降に出てくる。

③ポイント練習は1~1.5㎞の周回コースで
周回コースであれば距離とペースがつかみやすい。調子がいいときは時計を見なくてもキロあたり1~2秒の誤差で走ることができるので、好調かどうかの目安にもなる。

また、同じく同行してくれた篠山マラソンなどで優勝経験のある上野映子さん(41歳)は「お腹が空いているときは走らない」がマイルール。その理由は、
「お腹が減って途中で走れなくなり、距離が減ってはもったいない。それよりもお腹を満たして走れば『もうちょっと身体を軽くしよう』と予定の距離より延びる場合が多い」
だとか。どちらもさすがサブスリーランナーというこだわりの内容でした。ランナーズ6月号(4月22日発売)には、岡田さんや上野さんが練習へのこだわりを話し合う「寝ても覚めてもサブスリーin生駒ボルダー」を掲載します。

ちなみに、私のマイルールは「ジョギングでもラスト1㎞は必ず3分40秒以内にペースアップする」です。

(ランナーズ編集部 行場)


関連記事

記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント