本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

週刊ランナーズ

WEEKLY RUNNERS

走る仲間のスポーツ・マガジン「月刊ランナーズ」編集部スタッフが走って取材したランニング情報!

【週刊ランナーズ】裸足ランナー高岡流「ブリッジ」でひざの痛みが消えた!

見事なまでの「胸の張り方」!

見事なまでの「胸の張り方」!

迫力満点の「ランニング姿」を披露してくれたのはホントの裸足でフルマラソン2時間45分39秒の記録をマークした経験を持つ高岡尚司さん(38歳)。そしてこの写真を撮ったのはランナーズで様々な撮影を行っている岡部浩カメラマン(59歳)です。
2人は2013年5月の撮影で知り合い、2016年から岡部カメラマンは高岡トレーナーのランニングイベントに参加しています。
「2011年にランニングを始め、峠走や坂道ダッシュといったトレーニングを行うようになった2014年からひざに痛みを覚えるようになりました。なかなか治らず、高岡さんに相談したところ、指摘された原因は『胸を始めとする上半身の筋肉が張っている』『胸の筋肉が萎縮して猫背になっている』でした。最初は脚が痛いのに上半身が原因!? と半信半疑でしたが、自分自身が撮った写真を見ると、たしかに高岡トレーナーはすごく胸を張っている……。それで勧められたストレッチを継続すると次第に治っていったんです(岡部)」

これで胸が張らないわけがない!ブリッジ

これで胸が張らないわけがない! ブリッジ
仰向けになって足と手を地面につけたまま身体を持ち上げる。3~10秒静止。
「最初は難しいですが、継続するうちに次第にできるようになっていきます」

高岡トレーナーは、
「私自身は裸足ランニングを行うことによって上半身の筋肉を使えるようにしていますが当然、裸足で走れない方のほうが多いので、ブリッジを勧めています。ブリッジは自然と胸郭が広まり、胸の筋肉が伸びるので、とても効果的です」 
なぜ上半身の筋肉をほぐすことが大切なのか? 岡部さんはどれくらい姿勢が良くなったのか? 現在発売中のランナーズ5月号「あなたの真っすぐ、曲がっていませんか?」で解説しています!

(ランナーズ編集部・黒崎悠)

関連記事

記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント