本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

週刊ランナーズ

WEEKLY RUNNERS

走る仲間のスポーツ・マガジン「月刊ランナーズ」編集部スタッフが走って取材したランニング情報!

【週刊ランナーズ】1カ月でフル2時間19分を2回 早坂さんのカンタン疲労回復法とは!?

東京マラソンで力走する早坂さん(左端)

東京マラソンで力走する早坂さん(左端)

「やりました! 1カ月で2回2時間19分台が出せました」。
2月26日に行われた東京マラソンのゴール地点でこう話しかけてくれたのは、
2016年5月号のマイトレーニングに登場した早坂光司さん(33歳)。
3月5日のびわ湖マラソンでも2時間21分台をマークし、
この1カ月の成績は以下の通りです。
2月5日 別府大分マラソン 2時間19分53秒(自己ベスト)
2月19日 青梅マラソン  1時間41分37秒(30km)
2月26日 東京マラソン  2時間19分45秒(自己ベスト)
3月5日 びわ湖マラソン  2時間21分23秒
この、川内優輝選手も顔負けのスケジュールで自己ベストを連発した秘訣を聞きました。

「普段の練習は約8㎏のバッグを背負って毎日往復通勤ランで34kmと18kmを交互に行っていて月間走行距離は700km以上です。今年に入って以前よりも起伏の大きなコースに変更しました。また、レース時に変えたのは『時計をしなくなったこと』。これまでは遅いと焦り、速いと不安になっていましたが、自分の感覚に従って走れるようになりました。無駄なペースの上げ下げが減ったのが良かったと思います」

さらに連戦するため、疲労回復で重視しているのは交代浴だといいます。

「レースの際は事前にレース会場近場の温泉や銭湯を調べます。びわ湖は時間がなかったのですが、別大、青梅、東京の各レースでは、直後に銭湯に直行しました。そして、20分以上は2分毎にお湯と水風呂を交互につかりました。これが筋肉に疲れを残さないため重要だったと思っています」

レースのスケジュールや練習方法はなかなか真似できませんが、交代浴や時計を外して走ることは実践可能。みなさんも試してみますか? といっても、だからといって好記録につながるかは「?」ですが。

(ランナーズ編集部 行場)

関連記事

記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント