本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

週刊ランナーズ

WEEKLY RUNNERS

走る仲間のスポーツ・マガジン「月刊ランナーズ」編集部スタッフが走って取材したランニング情報!

【週刊ランナーズ】愛媛マラソン、52歳で2時間29分55秒
古泉辰男さんは「探究心」こそ強さの秘訣!

「昨日、愛媛マラソンに出場しました。2時間29分55秒と納得できない結果に終わりましたが、この結果が次のレースに向けて、自分を奮い立たせてくれました!」
2月12日(日)に開催された愛媛マラソンで、52歳にして2時間29分55秒をマークしながらも、悔しさを滲ませたメールを編集部に送ってくれたのはランナーズ2016年12月号「誌上ランニングラボ」に登場した古泉辰男さんです(※)。

古泉さんは昨年9月に環太平洋大学で行った体力測定で「学生アスリートと比較して、中臀筋は同レベルだが、ハムストリングスが劣る」という結果が出ました。これを受け、10月以降「ハムストリングス強化」を重視したと言います。

「週4回行う20kmのジョギングでは起伏の激しい道を積極的に選び、上り坂でスピードアップする練習などを取り入れました。そもそも愛媛マラソンのコースは平地がほとんどないので、このような練習は大切だと実感しました。しかし、レース本番はハムストリングスに強い張りを感じ、30kmから失速しました。強い負荷をかけた分、レース前は練習量を落とすべきだったと反省しています。この経験を活かして2時間25分を狙っていきます」

今回は目標達成なりませんでしたが、探究心を持って自己分析を繰り返し、課題を見つけて前を向くことが「50代で2時間30分切り」という好記録につながっていることを実感。ランナーズ4月号(2月22日発売)では、ポジティブ思考を持つことの重要性を掘り下げた「脳をご機嫌にしてフルマラソン快走」を特集します。

※本誌が2004年に年齢別ランキングを開始してから50代で2時間30分を切ったのは古泉さんだけです。

(ランナーズ編集部・黒崎悠)

10時に県庁前をスタート

10時に県庁前をスタート

昨年9月に環太平洋大学で体力測定を行った時に撮影した古泉さんの走姿。52歳とは思えないほど力強い!

昨年9月に環太平洋大学で体力測定を行った時に
撮影した古泉さんの走姿。
52歳とは思えないほど力強い!


【第55回愛媛マラソン】
■出走数合計 1万201人
■完走数合計  9,388人

関連記事