本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

週刊ランナーズ

WEEKLY RUNNERS

走る仲間のスポーツ・マガジン「月刊ランナーズ」編集部スタッフが走って取材したランニング情報!

【週刊ランナーズ】フルマラソン「歩かず完走」は達成感が大きい!

「ゴールできないかもしれない・・・・・・」初めてリタイアの文字が浮かんだ。
12月11日(日)、さのマラソンに3月末から完治していない足底筋膜炎のまま出場。実は昨年もエントリーしていたが、うっかり電車で寝過ごしてしまい終点の東武日光にて「観光ラン」に予定を変更した。

今年こそ!と思い、迎えた当日。目標は自己ベストから15分の余裕のある3時間45分。ハーフまでは予定通りのペースだったが、22㎞から急に右脚に力が入らなくなり大失速。「制限時間内に完走できるだろうか……」と思ったが、これまで会ってきた多くのランナーの「フルマラソンは歩いてはいけない!」という言葉が頭に浮かび、「絶対に歩かない。リタイアもできない。限界まで頑張ろう!」と思い直し、「苦しいのは気のせい」と念じながら、地を這うようなペースで走り続けた。

29㎞地点でサブフォー集団に追いつかれ「まだサブフォーはできるかも!」と希望が湧くと、驚いたことに32㎞過ぎで右脚の感覚が戻ってきた。
幸い、サブフォー集団の背中がずっと見えていたため、諦めずに追い続けて3時間58分でフィニッシュ。「もうだめだ」と思ってから持ち直すことができたのは、「歩いたら絶対に後悔する」という気持ちがあったから。フルマラソンは奥が深いと改めて実感しました。

1月22日発売の3月号では特集「フルマラソンで歩いてしまうを解決!(仮)」を予定しています。レースで歩いてしまったことがあるランナーは必見!!

(ランナーズ編集部・ 大平かおる)

23km地点付近。コースはのどかな田園風景が続く

23km地点付近。コースはのどかな田園風景が続く

関連記事

記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント