本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

週刊ランナーズ

WEEKLY RUNNERS

走る仲間のスポーツ・マガジン「月刊ランナーズ」編集部スタッフが走って取材したランニング情報!

松本翔さんが3カ月半で12レースに出た理由は……

写真で襷を受け取るのは、フルマラソン2時間13分のベストを持つ松本翔さん。
10日に行われたWAVE EMPEROR CUPでも力走を見せました(大会の様子はhttp://runnet.jp/topics/shitoku/160711.htmlで紹介)。
実は松本さん、この大会が4月以降で実に12レース目になるそうです。
「やはりひとりで走るよりも質の高い走りができるので、練習を兼ねていろいろなレースに出場しています。気分転換にもなって楽しいですからね。さすがに3カ月半で12レースは出すぎかもしれませんが(笑)」
ただし、やみくもにレースに出場するのではなく、時期によってメインとなるレースと「走り方」を変えるといいます。
「春から夏はスピードを磨く時期なので、メインは5,000m。このときはレースでも前半から他の選手を利用してスピードを上げ、自分の限界に挑戦します。一方、秋から冬のメインはフルマラソン。5,000mなどトラックレースに出ることもありますが、レースでは自分のペースを守り、イーブンペースで走ることを意識します」
ちなみに、松本さんが気に入っているというレース前の練習は2,000m×1本(10日程度前に実施)。
「スピードを上げることが目的ですが、2,000mは1,000mとは違い、勢いだけでは走り切れないので、スピードを上げつつも我慢する感覚をつかめます。これをレース前に1本入れておくことで、本番でも苦しくなった局面での走りが変わってくるのです。私の場合、5分40秒が切れたらいい仕上がりだと判断しています。みなさんも自分の5,000mのペースを目安にやってみてください!」

※7月22日発売の月刊ランナーズ9月号では、国立スポーツ科学センター研究員の岩山海渡さんがレース出場のメリットを「科学的」に解説しています。

(ランナーズ編集部・行場竹彦)

松本さんが4月以降に出場したレース一覧

4月10日 グアムインターナショナルマラソン(ハーフ)
4月24日 とくしまマラソン(フル)
4月29日 いしおかトレイル(28km)
4月30日 ミズノWAVE EMPEROR CUP予選会(5,000m)
5月5日 上田バーティカル(トレイル上り5km)
5月8日 東京選手権(5,000m)
5月21日 経ヶ岳バーティカル(トレイル12km)
5月22日 ハイテク駅伝(5km)
6月5日 日体大長距離競技会(5,000m)
6月12日 高岡万葉マラソン(ハーフ)
7月9日 世田谷陸上競技会(5,000m)
7月10日 ミズノWAVE EMPEROR CUP(駅伝4.6km)

関連記事