本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

地域情報 From アールビーズ

REGION INFORMATION From RBS

【地域】大学陸上部と一緒に夏の走り込み! 8月19日(土)開催「走ろうにっぽん 狭山稲荷山公園クロカン練習会」をレポート

走ろうにっぽん 」埼玉のランニングコース10撰の候補となった「狭山稲荷山公園・彩の森入間公園コース 」の一部を使用して開催した「走ろうにっぽん 狭山稲荷山公園クロカン練習会」。下は中学生から上は60代まで、幅広い年齢層のランナーが集まりました。
種目は、「60分走り込みの部」と「90分走り込みの部」をそれぞれ「キロ5分30秒ペース」と「キロ6分30秒ペース」に分け、計4グループで実施。

また、東洋大学二部陸上競技部の皆さんに、ペーサー、走る前の準備運動・動き作り、走った後の筋力トレ・ストレッチなどを徹底サポートしていただきました。

はじめに、走りやすい身体をつくるため、関節の可動域を広げるストレッチを実施。参加者は、慣れない動きに悪戦苦闘!

腸腰筋に刺激を与え、脚を上げやすくするストレッチ。股関節の可動域が広がり、脚運びがスムーズになります

腸腰筋に刺激を与え、脚を上げやすくするストレッチ。股関節の可動域が広がり、脚運びがスムーズになります

走る前のストレッチ。肩、脇の下、腰、骨盤を一度に伸ばすことができ、わき腹の痛み予防に効果があります

走る前のストレッチ。肩、脇の下、腰、骨盤を一度に伸ばすことができ、わき腹の痛み予防に効果があります

メイン練習では、各グループに2名ずつペーサー(陸上部員)がついて走り、走っている間も「普段の練習内容は?」「起伏の激しいコースの走り方が知りたい」など、活発に質問が飛び交いました。現役陸上競技部員と一緒に走ることで、参加者にとっても良い刺激になったのでは、と思います。

走った後は、体幹メインの筋力トレーニングと、ハードなコースでいじめ抜いた筋肉をほぐす入念なストレッチを実施。どこの部位(筋肉)に効果的な筋トレ・ストレッチなのか、意識するポイントなどの説明も加えながら、初心者にも分かりやすいように丁寧に指導をしていただきました。

ペーサー(陸上部員)の先導で、メイン練習スタート!

ペーサー(陸上部員)の先導で、メイン練習スタート!

大腿四頭筋を伸ばすストレッチ。大腿四頭筋は下り坂でブレーキをかける際使う筋肉。今回の練習ではかなり駆使したので、しっかりとケアしました

大腿四頭筋を伸ばすストレッチ。大腿四頭筋は下り坂でブレーキをかける際使う筋肉。今回の練習ではかなり駆使したので、しっかりとケアしました

東洋大学二部陸上部が普段行っているトレーニングをそのまま実施したので、現役陸上競技部員の練習を体験できる、内容の濃い練習会となりました!

(アールビーズ東京事業所・新井涼太)


記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント