本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

大会ニュース

RACE NEWS

【第95回箱根駅伝】東洋大学が2年連続往路優勝!2位は東海大。青学大は6位

第95回箱根駅伝は、1月2日、東京・大手町を午前8時にスタート。箱根・芦ノ湖までの5区間、107.5kmの往路を22校とオープン参加の関東学連選抜の、計23チームが走り抜けた。


4区で区間新記録を出した東洋大・相澤晃選手
4区で区間新記録を出した東洋大・相澤晃選手は、往路優勝への大きな原動力となった

箱根駅伝史上3校目の5連覇に向けて盤石という前評判の青山学院大学は、3区の森田歩希選手が区間新記録でトップに立ち、一時は流れに乗ったかと思われた。が、4区、5区で順位を落とし、結局往路は6位に終わった。

一方、昨年往路優勝の東洋大学は1区西山和弥選手が区間賞のほか、安定した走りを見せ、4区で区間新記録を出した相澤晃選手がトップにたつと、そのまま順位をキープし、5時間26分31秒の新記録で往路優勝を決めた。

山上り区間である5区では、上位3人がこれまでの区間記録を更新する高速レースとなり、国学院大の浦野雄平選手が1:10:54で区間賞をとり、同校を往路3位に押し上げた。



4位でタスキを受け取った東海大・4区の館澤亨次選手(写真左)
4位でタスキを受け取った東海大・4区の館澤亨次選手(写真左)は、駒澤大・加藤淳選手(写真右)、さらに青学大・岩見秀哉選手を交わして2位で小田原中継所に入った

青学大は復路に爆発力のある選手を残しているとはいえ、東洋大とは5分30秒、2位の東海大とも4分14秒という大差をつけられている。5連覇への道は険しい。

5年ぶりの総合優勝を目指す東洋大学。また1分14秒差で2位となった東海大学は、もともとスピードに定評があるチーム。今季、トレーニングを変えてロードのための走りを強化して、こちらも優勝候補として注目されている。
3日の復路のゆくえに注目したい。

(写真:菊池陽一郎)


往路記録

         総合タイム 1位との差  
1位 東洋大学   5:26:31
2位 東海大学   5:27:45  01:14
3位 國學院大學  5:29:15  02:44
4位 駒澤大学   5:29:59  03:28 
5位 法政大学   5:31:36  05:05 
6位 青山学院大学 5:32:01  05:30 
7位 順天堂大学  5:32:05  05:34 
8位 拓殖大学   5:32:08  05:37
9位 帝京大学   5:33:30  06:59 
10位 中央学院大学 5:33:32 07:01 
11位 明治大学   5:34:14 07:43 
12位 中央大学   5:35:26 08:55 
13位 日本大学   5:35:37 09:06 
14位 国士舘大学  5:35:53 09:22 
15位 早稲田大学  5:36:06 09:35 
16位 日本体育大学 5:36:33 10:02 
17位 東京国際大学 5:37:15 10:44 
18位 神奈川大学  5:39:41 13:10 
19位 城西大学   5:40:10 13:39 
20位 上武大学   5:42:26 15:55 
21位 大東文化大学 5:43:07 16:36 
22位 山梨学院大学 5:44:16 17:45 
OP  関東学生連合 5:44:17 17:46


区間賞

1区 西山和弥          東洋大学    1:02:35
2区 パトリック・M・ワンブィ  日本大学     1:06:18
3区 森田歩希          青山学院大学  1:01:26 (区間新記録)
4区 相沢 晃          東洋大学    1:00:54 (区間新記録)    
5区 浦野雄平          国学院大学   1:10:54 (区間新記録)


記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント