本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

ピックアップ★レース

第14回掛川・新茶マラソン(エントリー締切:2019年1月30日)

開催日2019年4月14日(日)
開催地静岡県 掛川市
大会オフィシャルページhttps://kakegawa-shincha.jp/
種目42.195km、10km、5km、3.5km、1kmファンラン
参加人数前回大会:8003人(42.195km5014人 10km1245人 5km666人 3.5km342人 ファミリー618人 ファンラン118人)
参加賞、ほかお茶(42.195km)、オリジナルグッズ

新茶の季節、茶畑のある丘陵地を駆け抜ける大会

国内最大のお茶の生産量を誇る静岡県の中で、深蒸し煎茶の名産地として知られる掛川市。その新茶の季節におこなわれるマラソン大会。丘陵地に美しく広がる茶畑、田園、河川などを眺めながら、緑豊かな起伏のあるコースを走ります。後半を中心にアップダウンを繰り返すコースながら、数か所設置されている「フルーツステーション」では地元産のイチゴやメロンなどを楽しめ、ゴール手前からは応援キッズとともに走れるなど、この大会ならではの楽しみがあります。

昨年はフルマラソンに5,014人のランナーが参加した

昨年はフルマラソンに5,014人のランナーが参加した

コースの難しさを増す繰り返すアップダウン

コースの難しさを増す繰り返すアップダウン


戦国汁を味わいながら歴史を振り返ろう

掛川市は、江戸時代には東海道の宿場町として、また掛川城を中心に城下町として発達した歴史ある場所。30km過ぎにある高天神城跡はかつて戦国時代には「高天神を制するものは遠州を制す」と言われた重要な拠点で、武田勝頼と徳川家康が激しい攻防戦を繰り広げた所です。高天神城跡では戦国時代の陣中食を想像して発案された「戦国汁」が提供されるので、歴史に思いをはせながら味わって。応援の人のためのバスツアーもあり。フルマラソンの制限時間は6時間。2017年全国ランニング大会100撰に選ばれた人気大会。

10kmはゴール後にフルーツステーション

10kmはゴール後にフルーツステーション

応援キッズたちとゴールすれば自然と笑顔になる

応援キッズたちとゴールすれば自然と笑顔になる

掲載日:10月26日

新着・ピックアップ★レース