本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

ピックアップ★レース

神宮外苑チャレンジフェスティバル 第36回JBMAユニファイドラン(エントリー締切:10月26日)

開催日2018年12月16日(日)
開催地東京都 新宿区
大会オフィシャルページhttp://jbma-roadrace.com/index.html
種目5km視覚障がいの部、5km一般の部、10km知的障がいの部、10km視覚障がいの部、10km一般の部、5kmウォーク知的障がいの部、5kmウォーク視覚障がいの部、5kmウォーク一般の部、5km知的障がいの部
参加人数前回大会:1280人(うち伴走者61人)(10km1076人、5kmウォーキング143人)
参加賞、ほかTシャツ ※サイズは希望に添えない場合がございます。


障がい者と健常者が一緒に楽しめるノーマライゼーションの実践をめざして開催される、神宮外苑チャレンジフェスティバル。都会のオアシス、神宮外苑の自然の中を走ることのできる、初心者歓迎の大会です。

障がいがあるランナーも一般ランナーも、同じ時間にスタートして同じコースを走ります。
ブラインドランナーをはじめとした障がい者ランナーと励ましあったり、競い合ったりと、他の大会では経験できない新鮮なレース体験ができます。

今年は会場を神宮球場に移し、普段は入ることのできない球場内の芝生がスタート・フィニッシュ地点になりました。神宮おなじみの絵画館前や、壮大な姿を現しつつある国立競技場を横目に、銀杏並木などを走るアップダウンのほとんどない周回コースです。種目は10km、5km、5kmウォークの3種目。10kmの制限時間は1時間20分と、ゆるめのタイム設定なので、レースデビューの方にもおすすめです。また、5kmウォークは同伴があれば小学生以上から参加できる種目なので、家族みんなで楽しむこともできます。会場へのアクセスも良く、ナンバーカードと計測チップは事前に郵送されるため、当日の朝も余裕を持って準備ができるのもうれしいポイントです。

ゲストランナーには増田明美さん、ソウル、アトランタオリンピックでマラソン2大会連続4位入賞の中山竹通さん、アトランタパラリンピックのマラソン金メダリスト栁川春己さんが来場。豪華ゲストが並走し、ランナーの背中を押しつつ、大会を盛り上げます。
平成最後の年末! 走り納めの大会として参加してみてはいかがでしょうか?

大会の時期は色づいた銀杏並木が映える美しいコース

大会の時期は色づいた銀杏並木が映える美しいコース

障がいがあるランナーも一般ランナーも一緒にレースを楽しむのが特徴

障がいがあるランナーも一般ランナーも一緒にレースを楽しむのが特徴

ゲストからの表彰に笑みがこぼれる

ゲストからの表彰に笑みがこぼれる

前回大会ゲストのブラインドマラソンランナー道下美里選手と伴走者

前回大会ゲストのブラインドマラソンランナー道下美里選手と伴走者

掲載日:9月12日

新着・ピックアップ★レース