トレイルこそウエアの機能性が大切

 3月中旬、つくば山でのトレーニング中、標高871mの山頂で10分間の休憩をとった。この時バックパックから取り出し、着用したのが「ウルトラシェルジャケット」である──。
 シューズのみ展開していた「イノヴェイト」が4月よりウエアの販売を開始した。先だってテスト使用していたのが、契約ランナーの半田佑之介コーチ(39歳)だ。
「トレイルは、ランニング中に気候が大きく変化することがあります。この時、身体が急激に冷えたり、上昇した体温を放熱できないと、パフォーマンスや集中力が低下します。その点、新発売のTシャツは吸汗速乾性が高く、シェルジャケットは軽くて持ち運びやすく、防水性もあり、理にかなっています。全身イノヴェイトで揃えられるようになったのも嬉しいです」


【Tシャツ】
AT/C BASE SS M

7,800円+税

【パンツ】
AT/C 6" SHORT M

9,800円+税



-----------------
はんだ・ゆうのすけ
「Tsukuba Strides Running Club」代表。16年「美ヶ原トレイルラン&ウォーク in ながわ(45km)」優勝
-----------------



【ジャケット】
AT/C ULTRASHELL HZ U

22,000円+税


生地が薄く防風防水性があるため、動きやすく保温性が高い。丸めて携帯することができるので、パックパックにも収納しやすい

商品のお問い合わせはメーカー公式サイトへ
http://www.descente.co.jp/jp/


イノヴェイトとは

イギリスのトレイルランブランド。山からロードまで走れる裸足感覚のシューズ。日本では2017年4月よりウエアの販売を開始