本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

大会情報

第37回八丈島パブリックロードレース

  • 2018年1月7日 (日)
  • 東京都(八丈島八丈町)
Information

種目:ハーフ(21.0975km),10km,3km

  • RCチップ
  • 出走権譲渡 ゆずれ~る
 


72.3

大会特色
ポイント(5pt)

大会競技、運営とは別に、大会らしさ、オリジナリティ、特色の評価ポイントになります。

4.4 pt

(現在の評価数42人)

主催者からのメッセージ

「第37回八丈島パブリックロードレース」へのご参加、誠にありがとうございます。
ランナーの皆様に心より御礼申し上げます。

評価&ランキング

■みんなの評価

全体の感想

次回大会の参加
参加料に見合った大会
スタッフ、ボランティア

会場

会場へのアクセス
スムーズな誘導、受付
トイレ、荷物預かり、更衣室

スタート、コース、フィニッシュ

楽しめるコース設定
参加人数に見合ったコース
コースの安全管理
距離表示、コース誘導
コース上の給水

記録、表彰

ネットタイム計測
記録計測、記録配信サービスの充実
充実した年代別表彰

インフォメーション

分かりやすい大会情報、参加案内
大会HPの更新

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色

地元への浸透
会場の盛り上がり
特色あるエイドステーション
参加賞のオリジナリティ
エコ、環境保護
大会独自の取り組み、地元色
この大会を評価する

みんなのレポート

評価者:42人
並び替え: 新着順 評価点順 参考になった

最高のコース・天気・パーティー

出場種目:ハーフマラソン

八丈島は学生の頃から何度も訪れていますが、パブリックロードは初参加。
アップダウンは覚悟していたものの、スタート直後の2kmの下りが容赦なく、突っ込んでしまいました。

島には珍しい、最高の天気で八丈小島を横目に爽快なランできました。

パーティーは無料でここまでやっていただけますか の充実度です。

このレポートは参考になりましたか? 0

家族でおせわになりました

出場種目:ハーフマラソン

私はハーフ、子どもは3キロを走りました。南国をイメージしていたので、少々寒く、前泊したのですが雨も降り、交通手段も都会の便利さをもとめていたせいで、非常に不便で、走るまでは失敗したかなと思っていたのですが、手作り感あふれる給水所や応援、そしておもてなしの完走パーティーは最高でした。コースは過酷ですが来年も走りたいと強く思いました。

このレポートは参考になりましたか? 0

温かな大会

出場種目:ハーフマラソン

今年で3回目でしたが、とても温かな大会で、大好きです。
晴れていると景色がとても素晴らしいです!

このレポートは参考になりましたか? 0

旅行気分で行ってきました。おもてなし最高です。

出場種目:ハーフマラソン

昨年は悪天候で飛行機が飛ばず、今年初めて出場できました。コース、温泉、懇親会全てが最高でした。コースはアップダウンがありますが、車が普通に走る道なので練習には丁度良い走りがいのあるコースです。左手は八丈富士、右手は太平洋で景色も抜群です。ただし、今回は足が故障中で全くスピードが出ず、途中で休んでテーピングを貼り直していたんですが、沢山の方から、大丈夫ですか、と暖かい声をかけてもらいました。本当にありがとうございました。レース後の懇親会は高い評判だけあって、大変楽しかったです。島寿司を、堪能して、焼酎も4杯いただきました。来年も参加します。

このレポートは参考になりましたか? 0

都内屈指のアップダウンが続くハーフマラソン

出場種目:ハーフマラソン

地元の皆様、正月早々にもかかわらず、気持ち良く走らせて頂きありがとうございました。

基本的には都道#216と#215を走りますが、手許のガーミン計測での累積標高差は約300M。タイムを狙って走るのは無謀と思われます。

2K地点の左手には、「日本3大廃墟」の1つ(?)である「オリエンタルリゾート」の異様な姿が拝めます。5K過ぎには昭和の両陛下がお泊りになられたホテルがあり、6K地点手前から「長友ロード」が始まります。しかし、14K過ぎに右折して南原千畳敷に下りる坂の方が、長さ・勾配ともに激坂だと思われます。

16K過ぎの10Kレースの折り返し点を、10Kランナー到着前に通過。都道に戻ると、空港までダラダラとした上り(標高差約90M)が続く。20Kを過ぎると下りのみとなるので、ラストスパートをかけるが、後ろからリズムの違う足音が聞こえてきて、あっさりと追い抜かれる。が、後で10Kランナーのトップ2名と判明。道理で、脚の残り具合が違いました。

レース後は「みはらしの湯」を堪能。露天風呂から、海原を泳ぐ鯨の潮吹きが見られました。

このレポートは参考になりましたか? 0

レポーターランキング(投稿数)

  1. 1位 カトちゃん さん
    246件投稿
  2. 2位 アナザースカイ さん
    205件投稿
  3. 3位 meru_ron さん
    188件投稿
  4. 4位 ハセP さん
    179件投稿
  5. 5位 こここ さん
    163件投稿

レポーターランキングの続きを見る

主催者メッセージ新着

  1. 2018/03/30
    第5回 上州武尊山スカイビュートレイル
    第5回 上州武尊山(ジョウシュウホタカサン)スカイビュートレイルにエントリーくださり、感謝・感・・・

  2. 2018/03/15
    第25回ビーナスマラソン in 白樺高原2018
    標高1530mの女神湖周辺の高原の白樺林を駆け抜ける気持ちの良い大会です。基本標高の・・・

  3. 2018/03/11
    鳥取マラソン2018
    全国各地、また国外から鳥取マラソン2018にご参加いただいたランナーの皆さま、ありが・・・

  4. 2018/03/08
    第31回ゆめしま海道いきなマラソン
    ランナーのみなさま、ご家族・ご友人のみなさま、ご参加・応援ありがとうございました・・・

  5. 2018/03/02
    2018 龍姫湖アクアスロン in 温井ダム&パド・・・
    アーチ式ダムとして日本で2番目の高さを誇る、温井ダム湖(龍姫湖)を泳ぎ、周辺を走る・・・