挑戦を続ける中高年ランナーへ。「Carry-H」

ナノバブル水『Carry-H』を体験中のランナーから嬉しい報告続々!!「自己ベスト更新」「目標達成」「入賞」しました!ナノバブル水『Carry-H』を体験中のランナーから嬉しい報告続々!!「自己ベスト更新」「目標達成」「入賞」しました!

image

3年前の自己ベストを更新しました 3年前の自己ベストを更新しました 中村康弘(千葉・61歳)

image

61歳の自己ベスト 頑張りました!

「走り始めて8年。3年前にフルマラソンの自己ベスト、3時間26分8秒が出ました。夏場は月間240㎞、冬場は280㎞練習しますが自己ベストが出た後、秒単位の更新はあったものの停滞。年齢のせいか、と諦めることもありましたが、昨年11月のつくばマラソンで自己ベストを6分も縮めることができました(3時間20分8秒)。勝因は躊躇せずに役立ちそうなことは何でも取り入れようと決めたこと。特に『Carry-H』は練習時に1本飲むことで、疲労感が軽くなり、ハードな練習に取り掛かる時の起爆剤になってくれました。これからも飲み続けていきます」

ハーフマラソン自己ベスト更新! ハーフマラソン自己ベスト更新! 塩島美緒(東京・43歳)

image

2大会続けてのハーフで嬉しい1時間25分台♪

「昨年(2017年)の名古屋ウィメンズで3時間4分18秒を出しサブスリーを目標にしています。『Carry-H』を飲んで練習に入ると、後半になっても喉の渇きが僅かで助かっています。昨年の夏場は特に暑かったこともあり、『Carry-H』を積極的に摂りました。その結果、11月26日に開催された「江東シーサイドマラソン」(ハーフ)では2位になり、自己ベスト更新(1時間27分20秒)。12月3日に開催された「野口みずき杯 三重お伊勢さんマラソン」(ハーフ)では一般女子の部で1位になり、またまたハーフの自己ベストを更新しました(1時間25分11秒)」

1週間に2レースを快走 1週間に2レースを快走 白須賀浩一(東京・52歳)

週に2回のフルマラソン 両方で目標達成!

「『Carry-H』を使ってダイエットしたら1カ月で7kg減。そして昨年の11月、大田原マラソン(23日)、大阪マラソン(26日)に続けて出走しました。『Carry-H』は練習前、練習中、練習後と自分のタイミングで1日1本飲みました。お腹の調子が整って空腹感が抑えられ、1週間のうち、中2日で2本のフルを走れたのも、疲労感が少なかったからだと思います。大田原では23㎞地点でお尻が悲鳴をあげましたが最後まで粘ることができ、大阪では最初の5kmをゆっくり目に入って30㎞以降は周りのランナーを次々と抜き快走!近年の自己ベストとなりました(3時間15分27秒)」

RUNNETSHOP 機能性ドリンク売上No.1 ※2014年5月~2017年10月集計分

素早く全身に回る「ナノバブル技術」

小さい気泡を作る特許取得の「ナノバブル技術」で、水に水素をたっぷり充填。また、溶解速度が速まり約20~30分で全身へ回るメリットもある。

屋外に携帯しても「水素が抜けにくい」

元素の中で一番小さな「水素」は抜けやすい特性があるが、『Carry-H』は水素分子が抜けにくい4層アルミパウチを採用。紫外線にも強く、トレーニング中の環境下にも最適。

発汗後の身体を潤す「ミネラル豊富な銘水」

全国名水百選にも選ばれた、富士・忍野村の銘水を使用。富士独自の地質に磨かれた、まろやかでおいしく、ミネラルたっぷりの天然水に水素を充填。

身体にすっと届くナノバブル水素水「CarryH」

キャリーH

「キャリーH」の気泡の数は、1ccあたり1500万個。100万分の1㎜サイズの超微細気泡は浮力が少なく、水中でほぼ静止状態を保つため常に新鮮な状態を保っている。

RUNNETSHOPで今すぐ購入する

『Carry-H』で回復!疲れる前にとるのがコツ

『Carry-H』の効果を実感、自己ベストも更新!

大阪でも『Carry-H』各ランナーに変化が!?

Carry-Hのおかげで2週連続フルマラソンを走れます

『Carry-H』は多忙な社会人ランナーの味方です

「入賞」「目標」「自己ベスト更新」

週2回の朝練習も疲れ知らずの快走に

『Carry-H』を飲んで気の合うメンバーと練習

サブ3サブ3.5ランナーが試して実感!

Carry-Hを1カ月5人のランナーそれぞれの快走

Carry-Hでサブ2.5!集中力アップ!月間700km!

提供/株式会社JSG お問い合わせ先/TEL.0800-888-0413(平日9:30~18:30) http://www.carry-h.com/