軽さとさらなるフィット感と。
24年目の「ゲルカヤノ」を語ろう。

日本のみならず世界のランナーの注目を集めるGEL‐KAYANOの最新バージョンが登場した。さらに進化したその機能を、アシックスランニングコーチ陣が語る。

かかとを包み込むようなホールド感を生む
新搭載の「メタクラッチ」。

島田24代目GEL-KAYANOをいち早く履いてみて、率直な印象はどうでした?

青木まずこの軽さにびっくりしましたね。ゲルカヤノって、安定感のあるシューズとしてすごく定評がありますけど、同時に重いんじゃないかなっていう先入観がついてまわるんですよね。

島田それ、よくある誤解ですよね。ゲルカヤノはかつては確かに重かった。でも、軽量性と優れたクッション性を備えた素材、FlyteFoamを採用して以来、軽くなってるんです。従来のミッドソール素材よりも約55%軽い素材なんですよ。

青木そんなに!しかもクッション性もあるんですよね。

島田そうなんです。加えて衝撃緩衝性に優れたGELを要所に組み合わせて、路面からの衝撃をやわらげてくれるんです。

青木足に優しい設計になっているのが履いていてもわかります。それと、カチッとしたかかとのホールド感が素晴らしいと思いました。

島田かかとはランニングシューズの要。シューズをフィッティングする時も、まずはかかとから合わせますからね。

青木ヒールカウンターがX形状になっているんですね。これは何のため?

島田これが、今回ゲルカヤノに新しく搭載された「メタクラッチ」です。かかとの形状というのは、止まっている時と動いている時では変わるんですね。動きに応じてフィットさせながらホールドするための構造なんです。

青木なるほど、固めすぎてもいけないわけですね。

島田ちなみにアシックスの技術の粋を集めたシューズとして話題になった限定シューズ「MetaRun」に初めて搭載された技術です。

青木ゲルカヤノはアシックスのテクノロジーが惜しみなく注がれている贅沢なシューズなんですね。

島田佳久(しまだよしひさ)
日本陸連公認コーチ。アシックスランニングクラブコーチとして全国各地の市民ランナーに生涯楽しめる健康運動を指導している。
青木宏和(あおきひろかず)
「楽しく遊びながら健康づくりをする」をテーマに山、海、公園、街中などでのランニングやノルディックウォーキング等を指導。

新搭載の「メタクラッチ」。X字型のヒールカウンターが、かかとをしっかりと包み込む。また、再帰反射材がついて夜の走行の安全性を高めている。

足に優しく負担が少ない。
夏のベースづくりにおすすめの一足。

島田ゲルカヤノはクッション性や安定性が優れているので、初心者向けとか、体重の重い人向け、という受け取られ方をされているようなんですが、中・上級のランナーに使って欲しいシューズでもあるんですよ。

青木速いランナーの中にはゲルカヤノと聞くと「自分のシューズじゃないな」と思っている人が多い気がします。

島田使い分けが大事なんです。トップ選手だって、普段のジョグやオフシーズンの走り込み期ではソールが厚めのシューズを履いて足を守ってるんですよ。

青木脚づくりで距離を踏む時には、足への負担は極力抑えた方がいいですからね。

島田疲労を残さず走れば故障も未然に防げますし、量もこなせるわけです。

青木しかも軽いので、途中でノッてきてペースアップしても軽快に走れますしね。

島田これからフルマラソンはオフシーズンになりますが、だからこそこういうシューズで足を守りながらベース作りに取り組んで欲しいんです。

青木僕も、ゲルカヤノは夏の走り込みにおすすめの1足だと思います。

島田もう一つ、ぜひお伝えしたいのは、ソールに入った溝、ガイダンスラインのこと。初心者や筋力のないランナーでもスムーズな走りをナビゲートしてくれます。

青木マラソンやウルトラマラソンの終盤でフォームが崩れてくると、そのありがたさがわかりますよね。ゲルカヤノってランナーに寄り添ってくれるシューズなんですね。

こんな使い方がお勧め!

  • 初級ランナーには、フルマラソン完走のための強い味方。
  • 中・上級ランナーには、オフシーズンの走り込みやロングラン、朝ランに。
  • 再帰反射材がついているので、夜ランにも。
  • ウルトラマラソンの勝負シューズに。

素材に繊維を加えた独自技術で開発されたFlyteFoamによって軽量化が実現。軽さとクッション性を兼ね備えた素材だ。

耐久性も優れている。ミッドソールのヘタりもより少なく、アウトソールは磨耗にも強い。

シューズの要はかかとのフィット性。履く時は、まずはかかとをしっかり合わせてからシューレースを締めていくといい。

快適な走りをサポートするために
進化した
多彩な機能がこの1足に!

GEL-KAYANO24 ¥16,740(税込)

今回新たに搭載された「メタクラッチ」、軽さを実現するミッドソール素材「FlyteFoam」、2層構造のメッシュ素材を使った「シームレスアッパー」や安定走行をサポートする「ガイダンストラスティック」、そしてスムーズの足運びをナビゲートする「ガイダンスライン」など、ロングラン時の快適さを保つための多彩な機能が搭載された1足。スリム、レギュラー、スーパーワイド(メンズ)など、男女それぞれ3つのウイズを展開。

より詳しい情報は
アシックス公式サイトへ

1Fはカフェ、2Fにはヨガスタジオとロッカー&シャワー。

隅田川沿いの光あふれる空間。
ASICS CONNECTION TOKYO

浅草駅から徒歩約5分。隅田川沿いのウォーターフロントに建つ、ホワイト基調のおしゃれなカフェ&スタジオ。インストラクラーによるヨガやランニング、ノルディックウォーキングなどのプログラムも定期的に行われている。

詳細はこちらから