フルマラソン快走につながる!30Kの活用法~秋編

秋はフルマラソン大会が目白押し。ですがレースに向けた走り込みは、まだ暑さの残る時期から始める必要があります。ポイントになるのは、走り込みを継続するためのコンディショニング。30K当日だけではなく、前後のトレーニングやリカバー(補給)を意識することで、フルマラソン快走によりつなげることができます。30K(30kmレース)は、心とカラダの両方から「フルマラソン本番に向けた効果的な予行練習」。効果的な活用の仕方を、「マラソンにまつわる数字あれこれ」をまじえて解説します!

千葉真子さん
監修/千葉真子さん

世界陸上において、異なる種目で複数のメダルを獲得した唯一の日本人(1997年アテネは10000mで銅、2003年パリはマラソンで銅)。フルマラソンのベストタイムは2時間21分45秒(2003年大阪国際女子)。現在はスポーツコメンテーターとして活躍中。2児の母。

レース当日まで フルマラソン快走につながる〝鉄板〟補給術 レース当日まで
VITALISTたちのとっておきのトレーニング

SHARE

提供/味の素株式会社