本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

質問を見る

質問No.25224
カテゴリー
?
テクニック・技術・ノウハウ

質問者
(●ω●)[276613]
投稿日時
2017/01/01 11:23
回答期限
2017/01/15 11:23
状態
    終了
不適切な質問として報告する
80パーセントの力で走るとはどのような事ですか
あけましておめでとうございます!(^^)!
今年も一年マラソンに はまろうとトレーニングを
頑張りたいと思います
今回 皆さんにお聞きしたいのは
よく 80パーセントの力で走る
とか ありますが
どのようなペースになるのでしょうか

例えば自分の全力のペースが
キロ4:00だとしたら
240秒
それの80パーセントのタイムだと
2.4✖80=192
で キロ3:12になります
これじゃ 速くなっちゃうじゃないですか
それとも 距離で割り算をすると
240のペースで800メートルを走るペース
で計算すると キロ5:00になります
それで なぜこんな質問をしたかというと
リディアードのランニングバイブルを読んでいて
そんな疑問に ぶつかったからです
この中では 有酸素から無酸素に切り替わるところ(LTペース?)
を100パーセントにして
そのペースの80パーセントでランニングをする
ような事が書かれているので
どんなペースで走れ というのか知りたくなりました

こういう謎解きが 今後のベスト記録更新とか健康に
結びつくのではないか と思っています
どうか よろしくお願いします


    16件中  1~16件目表示  
回答No.1
回答者
こそ練ジョグ[213235]
回答日時
2017/01/01 14:56:27
不適切な回答として報告する
     
あくまで80%とは主観的な表現ですが、ペースでいえば0.8の逆数、1.25をかけるとちょうどいいペースになります。
普段がキロ4分なら、4×1.25=キロ5分、といった感じでしょうか。

    
質問者からのコメント
回答日時
2017/01/01 17:08:18
不適切なコメントとして報告する
ありがとうございます
難しいです 80パーセントの力とか
70パーセントとか
俺は今 70パーセントだ とかよくわからないです


回答No.2
回答者
亀[13059]
回答日時
2017/01/01 20:27:16
不適切な回答として報告する
     
こんにちは、顔文字さん。

単純計算でペースの80%では速くなってしまいます。当然です。
まず、計算式を書きます。
① 100÷目標のパーセント(本文では80%なので80)
今回では1.25が出てきたはずです。
② ペースにこの答えの数字をかける
今回では240×1.25=300ですので、キロ5分となります。

有酸素運動と無酸素運動の境界は20mシャトルランという時間も手間もかかるテストが必要です。
トレーニングジムなどで実施してくれるとありがたいのですが、それは少々むずかしいかもしれません。
https://ja.wikipedia.org/wiki/20%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%...
ここに詳細が記載されています。

    
質問者からのコメント
回答日時
2017/01/02 07:23:28
不適切なコメントとして報告する
ありがとうございます
八割の力で走る とか雑誌によくあるので
よくわかりませんでした


回答No.3
回答者
koujih[6918227]
回答日時
2017/01/01 21:58:44
不適切な回答として報告する
     
マラソンはキロ何分と言うペースで表すので80%と言うとキロ4分であれば0.8(80%)で割る事になります。
ですのでキロ5分が80%のペースになります。
速さをベースではなくスピードとして考えるならば時速12Kmはキロ5分で80%のスピードで考えると時速9.6キロでキロ6分15秒になります。
キロ4分(時速15キロ)で80%だと時速12キロでキロ5分になります。
ただこれは速さの割合であって身体能力の80%では有りません。
例えばキロ4分を心拍数180で走れているとして安静時心拍が60だとすると120上がっているのでそれの80%だと96上がる心拍数の156の心拍で走れるスピードが80%と言う事になります。
そのスピードがキロ4分30秒だとするとそのペースで走る事を80%のペースで走ると表現します。
本来は最大心拍数から計算するべきなのですが最大限で走れるスピードの時の心拍数が最大心拍数と仮定して考えています。

    
質問者からのコメント
回答日時
2017/01/02 07:27:02
不適切なコメントとして報告する
ありがとうございます
リディアードの本では
LTのペースを上限としてそれより少し低いペースで走り
有酸素レベルを上げていく
ような事が書かれてありました
自分のLTペースすらわかりませんけれど


回答No.4
回答者
キッシー[6987210]
回答日時
2017/01/02 08:45:29
不適切な回答として報告する
     
80%の力というのは、全力を100として、その80%の力でややゆっくり走るという趣旨だと思います。そして、その80%の力を底上げしていくことを目指すということだと思います。練習では全力を出し切らず、少し余力を残した感じで、積み上げていくことだと理解していますが、以上、もし間違っていたらすいません。

    
質問者からのコメント
回答日時
2017/01/02 15:26:16
不適切なコメントとして報告する
ありがとうございます
全力はわかります
それが 80パーセントとか70パーセントとかになると
どんな体感なの?
と思い ペースで判断したらいいのかな
と思い計算したら よくわからなくなり
質問しました


回答No.5
回答者
ゴンちゃん[64692]
回答日時
2017/01/02 16:16:38
不適切な回答として報告する
     
80%とはそのペースで最後まで走り切って、余裕のある速さといえます。したがって、距離によって全部異なります。リデアードがいう有酸素から無酸素に切り替わるところというのはホントです。この辺りで走れば永遠に走れそうな気がしますね。

あなたの言うように実際の目安としては80%を0.8に直して時間を0.8で割れば計算OK。レースでは90%くらいで突っ込んでもオーバーペースにはならないでしょう。

ところでなぜ人は疲れるのでしょうか。実は中枢神経と脳が汗を出したり、脂肪をエネルギーに変えたりしてくたくたに疲れるというのが真相です。筋肉以上に脳が疲れるため走らせないようにドクターSTOPをかけます。

それを防ぐために、80%で走って脳を上手にだますということがレースペースです。
私、halfでは4:50で走り切れます。フルではそれより1分ほど遅い5:40ほでで走り切ります。これがイーブンで行けるペースです。


    
質問者からのコメント
回答日時
2017/01/05 19:19:54
不適切なコメントとして報告する
ありがとうございます
雑誌でもよく 80パーセントで流しをする
みたいなことが 書かれているのでどのようなことか
わかりませんでした


回答No.6
回答者
chiaki kato[7210833]
回答日時
2017/01/02 22:23:36
不適切な回答として報告する
     
 走歴5年、月間走行距離300~400km、54歳、体重66kg、フルベスト3:05のオッサン市民ランナーです。
 まずはざっくりですが、LTペースとは「そのペースならフルマラソンを失速せず走りきれるスピード」と言えると思います。ですから、LTペースをいかに引き上げるかがマラソントレーニングの主な目的になるということです。
 ちなみに質問の趣旨に答えるためには「全力とはどれだけの距離をどのような強度で走った場合のことを指すのか」とか「LTとは具体的には・・・・」とか「最大酸素摂取量」とか難しい話が必要になってきますので、それは、多数発刊されているマラソン指南の書籍等にお任せすることにして割愛させていただきます。
 私の場合、自己ベストを出した時、ほぼ失速せず、しかも全力を出し切った感もあったのでLTペースと本当言えるかどうかはともかく、キロ4分20秒が大きな目安となっています。
 すなわち、キロ4分20秒というペースをいかに楽に感じるようになれるかが記録を伸ばせるポイントだと思っています。
 そのトレーニングとしてキロ4分のインターバルトレーニングや坂道ダッシュを実施しています。
 またその確認方法としては、土日のセット練習です。
 一度に40キロも走るのは至難の技ですので、2日で50キロぐらい走ると2日目の終盤はフルマラソンの30~35キロ以降を疑似体験できるというので、そこで4分20秒で走ってみるのです。
 と言葉にするのは簡単ですが、現実にはよほど調子が良くてもそうは行きません。レース本番というのは「アドレナリン」とかが出て、かなり実力以上の能力が発揮されるようですね。
 お聞きになりたいこととはかなりずれてしまってごめんなさい。読んでいただいてありがとうございました。

    

回答No.7
回答者
batty[213637]
回答日時
2017/01/03 11:45:14
不適切な回答として報告する
     
あけましておめでとうございます。
36才男ランナーです。
80%の力で走る、と言っても時間のことではありません。
私はいつも、リディアードのランニングバイブルという本を元にトレーニングしています。

例えば、リディアードは一番効果的な有酸素トレーニングは、最高安定状態(有酸素運動と無酸素運動の境目)の70%から100%の力で走ることを勧めています。それは、ペースや時間を指すのではなく、あくまでも「個人の感覚」だそうです。
「走りはじめから終わりまで一定のスピードで走り、走り終えたとき、心地よく疲れてはいるが、走ろうと思えばもう少し長く走れる。あるいはもう少し速く走れたと感じるペースが最適である」
と著者は唱えています。

その日によって、天気や気温も違うし、体調も違います。なので、ペースは気にせず、走り終えたときの感覚をベースにしてください。

    

回答No.8
回答者
きむらん[25396]
回答日時
2017/01/04 16:44:34
不適切な回答として報告する
     
80%の力はお見込みのとおり割り算ですね。
キロ4分で走れる場合キロ5分となる計算。
そのペースでロング走を行うとマラソンの良いトレーニングになるみたいですね。

    

回答No.9
回答者
吉田十段[6913919]
回答日時
2017/01/05 15:13:28
不適切な回答として報告する
     
とても興味深い質問です!

タイム換算するから難しくなっています。
80%の「力」ですから数値化するなら心拍数でしょうか。
全力に比べてジョグが50~60%の力だと
思いますから、その中間の「力」です。

僕の場合は10㌔45分前後が全力で、ジョグは60分、
80%走として50分前後で走ります。
効果としては、筋肉疲労なく心肺機能の維持ですね。
ジョグは心肺機能アップはないですが疲労が抜け
酸素摂取能力も向上します。

それぞれの効果をうまく使い分けて、故障のない
ラン人生を送ってくださいませ!

    

回答No.10
回答者
黒ちゃん[7730504]
回答日時
2017/01/05 18:35:37
不適切な回答として報告する
     
最大心拍数(220-年齢)の80%~70%の心拍数までということではないですか?
コーチの考えにもよりますが、最大心拍数の80%~70%が一般的に言われている有酸素運動領域です。
その領域での運動で遅筋増加や有酸素運動能力向上と言われてます。
ただし、上記お最大心拍数の出し方はおざっぱ過ぎるのですがまあ、だいたいですかね。
乳酸閾値などを本格的に計算するとより詳しくターゲット心拍数が出せますがそこまではしなくても大丈夫ですよ。

    

回答No.11
回答者
はっちゃん[139127]
回答日時
2017/01/06 20:40:46
不適切な回答として報告する
     
こんにちは。はっちゃんと言います。走歴20年以上。月間300kmほどの男性ランナーです。
アーサー・リディアードの「ランニングバイブル」に載っている80%のペースで、という表現のことですね。これは心拍数で考えれば分かると思います。
最大心拍数を200拍とすれば、インターバル走ではその90%で走るとなります。つまり、180拍ですね。ペース走ではだいたい80%で走るとなりますから、200×0.8=160拍というわけです。
分かりましたか?

なので、最近はガーミンやシチズンのGPS腕時計で手首で測れる心拍計がついているんですねー。ご参考に!

    

回答No.12
回答者
裸の王様[285211]
回答日時
2017/01/09 17:29:56
不適切な回答として報告する
     
全力走がキロ4分00秒=240秒ならば、その80%は240÷0.8=300秒…キロ5分00秒となります。   http://www.runner.ne.jp/t-pace.htm

例えば、旭化成のマラソン選手たちはキロ3分00秒の85%≒3分30秒ペースでロング走を繰り返しています。
また、青学駅伝部1軍連中(10,000m28分台の選手)は、キロ2分50秒の92%…キロ3分05秒で練習を繰り返しています。
(余談ですが、これでは故障者がたくさん出るのは当たり前ですね。ゆえに他校の倍だけ選手を集め実業団以上の高負荷をかけ故障しなかった者だけ箱根駅伝の本戦をはしれるというわけです)


    

回答No.13
回答者
トモトモ[183913]
回答日時
2017/01/09 18:04:39
不適切な回答として報告する
     
難しい質問ですね。元陸上部の私は感覚で解るのですが、先輩たちの良い見本があったので。言葉で説明するのは困難ですね。
フォームは全速力と同じで力まずリラックスして力は80%で、結果としてはスピードは80%にはなりません。その時の調子によっても変わると思いますが90%位かな?要は正しいフォームを意識してリラックスして全速に近いスピードで走る事だと思います。
有名どころのランニングクラブの練習会などに参加すると良いかも知れませんよ。

    

回答No.14
回答者
CPA[8775103]
回答日時
2017/01/10 13:33:57
不適切な回答として報告する
     
最大心拍数の80%で練習するということでは?
または、無酸素運動のこと。
または、10km走やハーフのペースのこと。
体感的な目安だと、ゼーゼーハァハァは言ってるけれど、「話せないほど余裕がない」の手前。
厳密にやりたいなら、心拍計を買おう。

    

回答No.15
回答者
タカ[6021583]
回答日時
2017/01/11 11:18:52
不適切な回答として報告する
     
こんにちは

普段のジョグは多分身体が楽に感じるぐらいで走っていると思うので、60~70%だと思います。
レースは普段より気持ちが入るので、調子良く快走できれば、90%は出ていると考えます。
全力でキロ4分ならジョグが6分ちょっとだと考えられるので、80%は5分15秒前後が的確だと思います。

まず、ジョグで走ってみて、スピードを上げて無理なくちょっと頑張って維持できるペース(快調だと感じるペース)
一人で走っていると、どうしてもゆっくりになりがちですが、私も意識して取り組んでいきたいです。
お互い自己ベスト目指して頑張りましょう!

    

回答No.16
回答者
ogaoga[7973491]
回答日時
2017/01/13 17:01:33
不適切な回答として報告する
     
こんにちは。

80%の「タイム」で走るのではなく
80%の「力」で走るという考えで、
20%の余力を残すことから、

4'00/km×120%=240s×1.2=288s
288s÷60=4.8/km

といったところではないでしょうか?

しかし、こういった表現は感覚を伝えるためなので、
車のアクセルを目一杯踏むのを100%と考えるような雰囲気でしょう。

    

    16件中  1~16件目表示  

ランナーの知恵袋検索

テキスト検索

検索する

ランナーの知恵袋