本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

質問を見る

質問No.26604
カテゴリー
?
トレイル・登山・マラニック

質問者
にけ[212582]
投稿日時
2017/09/10 13:58
回答期限
2017/09/24 13:58
状態
  締切  
不適切な質問として報告する
膝に故障を抱えたままでの1ヵ月後のトレイルランの出場について
長文ですがご容赦ください。
10月の3連休にあるハセツネ(71.5km)を目標にトレーンニングしています。

6月の30kmのトレイルレースに、直前の練習で右膝に違和感が出たにもかかわらず足慣らしのため出場し、レース序盤で右膝に痛みが出ましたが、最後まで無理して5時間弱で完走した結果故障。整形外科ではジャンパー膝と診断されました。日常生活でも痛みが大腿四頭筋腱と膝蓋腱の両方にあります。

練習復帰のため、
・フォームソティクスのインソール着用(過回内がひどいと言われたため)
・クッション性があり、踵の保護があるシューズ(acics GT-2000)への変更
・スポーツ障害に強い接骨院での治療(週3回程度)
・体幹トレーニング(1日2回)
・大腿四頭筋、ひざ裏、ふくらはぎ等固いと言われた部位のストレッチ(1日数回)
を実施していますが、
安静にして、痛みがなくなってからウォーキングから2、3キロジョグ、5キロペース走と強度を上げていく過程のどこかで膝が痛くなり安静にするの繰り返しになっており、本番に向けた練習がこなせていません。
今週から、ザムスト膝サポーター(SK-3)の着用して5キロくらいのウォーキングはできるようになりましたが、今もデスクワーク時に時は膝の皿の部分に体の硬さのためにピリピリ痛みがでたり、歩き始めに右膝の皿の上下の腱のところが時折痛くなります。

走行距離は、
6月100キロ(レース含む)、7月25キロ、8月20キロ、9月 5キロ
最高で5キロの6:00/kmペースのジョグが精一杯で、山道も走っていません。ちなみにPBが3時間43分(2015東京マラソン)、直近のフルマラソンは3時間55分(2015富山マラソン)ですが、当時の持久力・体力にほど遠いです。

それでもハセツネの24時間という制限時間もあり、サポーターの力を借りれば、何とか完走はできるのではないか、という思いもありつつ、故障した場合自力でリタイアできるか、とも迷いがあります。
ハセツネ後は半年以上はレース出場予定がなく、去年も出走がかなわず、せっかくクリック合戦からエントリーを勝ち取ったので、どうしても諦めたくない気持ちとここまでの努力が報われない状況に精神的に大分萎えてしまっています。

ご覧になられている方の中で、完走経験のある方にお答えいただきたいのですが、
・制限時間内完走(完歩)するのに、必要な走力(練習量)
・完走のために多少無理しても(痛みが出ても)やった方がいいトレーニング 近所の登山(走らないように)
があればご教示いただきたいです。
① 痛みが出ても本番まで最低限のトレーニングをこなす。
② ウォーキングや近所の短時間登山のみで足腰を鍛えて、本番に一か八かで臨む。
③ 出走は諦めて痛みが完全にいえるまで体幹トレとストレッチ、ウォーキングのみで2,3か月の間過ごす。
のどれを選択するかで悩んでおります。


ランナーの知恵袋検索

テキスト検索

検索する

ランナーの知恵袋