本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

質問を見る

質問No.25764
カテゴリー
?
怪我

質問者
kuromasu[7117824]
投稿日時
2017/03/03 15:51
回答期限
2017/03/17 15:51
状態
    終了
不適切な質問として報告する
左右の足の動きをそろえるために良い練習方法はありませんか?
一年ほど前に、右肩関節石灰化腱炎になり、右肩の可動域が痛みとともに極端に狭くなっていたのですが、リハビリを続けた甲斐もあって、徐々に元に戻りつつあります。

ところが右肩の可動域が狭かったことから、肘を後ろに引いたりできず、
かなり意識をしないと、右足が前に出しづらい状況になりました。その結果、半年ほど前から左右の足の動きに違いが出てきてしまったのです。


動きについて具体的に書きますと、

左足・・・後ろに頑張って蹴っている感じ。
右足・・・ほとんど蹴っていない。
     頑張って足を前に差し出している感じ。

したがって筋肉痛の出方は

左足・・・ふくらはぎ
右足・・・太腿前部もしくはハム

と左右バラバラです。


そこで同じ経験があると嬉しいのですが、そうでなくても構いません。左右の足の動きに違いが出ていた人で、そろえるために工夫した練習方法などがあれば、ぜひ教えていただけないでしょうか?

わかりづらく申し訳ございませんが宜しくお願いいたします。


    13件中  1~13件目表示  
回答No.1
回答者
きむらん[25396]
回答日時
2017/03/03 16:15:50
不適切な回答として報告する
     
走りの中で矯正するのはなかなか難しいと思います。
ランニングの前後に競歩を行うと上半身と下半身の連動が上手く行くようになるので、左右のバランスが良くなってくると思います。

    
質問者からのコメント
回答日時
2017/03/03 16:29:53
不適切なコメントとして報告する
早速のご回答ありがとうございます!
競歩ですか!毎日20分くらい通勤で歩く機会もありますし、練習の前後も時間を作って行ってみようと思います!


回答No.2
回答者
chie0222[8717904]
回答日時
2017/03/03 17:53:56
不適切な回答として報告する
     
リハビリ大変だと思います。

まだウォーキング、早歩きでも動きの違いがあるのであれば
じっくり時間をかけて、そこから鍛錬していく必要があると思います。

簡単なトレーニングであれば、腿上げ
片足階段三段上り下りの繰り返しが効果的だと思います。

    
質問者からのコメント
回答日時
2017/03/06 12:43:18
不適切なコメントとして報告する
ご回答ありがとうございます。

早歩きでは違いが出ないようです。
右足は病院の検査で可動域が狭くなっていることを確認していますので、リハビリなどを通じて柔軟性の回復と筋力アップに努めたいと思います!


回答No.3
回答者
batty[213637]
回答日時
2017/03/03 18:10:22
不適切な回答として報告する
     
kuromasuさん、こんにちは。私は37才男ランナーです。

マラソンで大事なのは、いかに省エネで走るかです。
kuromasuさんの右足の走り方と左足の走り方において、どちらがマラソン向きだと思いますか?

正解は右足です。
左足のような、「蹴り」が強いと短距離に向いた走り方となり、ふくらはぎに負担がかかってしまいます。
ふくらはぎと太ももでは、筋肉量が全く違うため、ふくらはぎの疲労は最小限にとどめたいものです。

本題に入りますが、右足と左足のバランスを整えたいということですよね。
1つ目は、矯正をしたい左足首に「テーピング」を施すことです。脛から足首に一本テーピングをして、蹴り出しを抑えてあげましょう。
最初は違和感があると思いますが、少しずつ左足の癖を治していけば、バランスは整います。

2つ目は、腕の振り方のバランスを意識的に一定にすることです。
今回、右腕の可動域が制限されたことから、左足がそれに合わせて矯正されてしまいました。上半身のブレは無意識に下半身で調整します。
よって、バランスが大事ですから、右腕を振るのが難しければ、左腕の振りを抑える走り方を意識して、上半身のブレをなくしてみてください。

    
質問者からのコメント
回答日時
2017/03/03 18:24:37
不適切なコメントとして報告する
ご回答ありがとうございます!
省エネ、大事ですよね。私はハーフこそ1時間25分くらいなのですが、フルになると攣ってしまい、サブ3.15がクリアできずに苦戦しています・・・。

右足の動きですが、目視してもらっているラン仲間やクラブの監督から言わせると「動きが小さすぎる」とのことです。そこでbattyさまのおっしゃるとおり、まず右足の動きは省エネの基本と考え、左足を矯正しつつバランスを整えてペースアップといけたら良さそうです。

あとテーピングというアイデアは思いつきませんでした!いいですね。早速試してみます!!!


回答No.4
回答者
koujih[6918227]
回答日時
2017/03/03 23:27:08
不適切な回答として報告する
     
シンメトリーなランニング動作を身に付ける為にはドリルとして左右対称にステップする足の動き、左右の腕を対象に振る腕振り、それを組み合わせて歩くスピードからジョグのスピードに上げて、バランスが崩れたら最初に戻って足・腕・組み合わせて歩行・ジョグを繰り返します。
段々スピードを上げていってジョグからランのスピードに上がれば矯正出来たと言う事になるのではないでしょうか。

    
質問者からのコメント
回答日時
2017/03/06 12:47:29
不適切なコメントとして報告する
ご回答ありがとうございます!

> バランスが崩れたら最初に戻って

これは本当に重要だと思っています。ペース走をしていて、バランスが変だなと思ったらスピードを落として、フォームの確認をするようにしています。走っていて左右非対称になるのは、速いスピードで走っていて、少しだけ疲れが出てきたときからなので、ステップする足の動き、左右の腕を対象に振る腕振りも意識しながら続けていこうと思います。


回答No.5
回答者
tokkunotonma[201202]
回答日時
2017/03/05 21:57:02
不適切な回答として報告する
     
左右差を自分も感じています。50代後半のおじさんランナーです。
左右差の改善にはマシーンを使って、条件の設定に再現性を持たせるようにすると納得いくまでできます。
自転車(ローラー台)、エアロバイク、トレッドミルなど使ってみたらいかがでしょうか?
マシーン以外には、LSDで低速トレーニングでも確認できると思いますので、色々やってみたらどうでしょうか?

    
質問者からのコメント
回答日時
2017/03/06 12:58:56
不適切なコメントとして報告する
ご回答ありがとうございます!

マシーンの使用はよさそうですね。トライアスロンをしている方にエアロバイクは有効かと聞いたところ「使う筋肉は違うけど、動きを対象にするには良いかもしれない」と言ってました。これまで自分は、ほとんどマシンを使う機会がなかったので、導入してみる価値はあるのかもしれません。


回答No.6
回答者
ゴンちゃん[64692]
回答日時
2017/03/06 08:22:18
不適切な回答として報告する
     
左右は対称ではなく、だれでも強弱がありますが、ケガによる可動域が変わったことが原因のようですから、

(1)骨格走りをお勧めしま。手をぶらぶらして走るようなイメージ。
(2)歩きはいつも省エネで、自分にもっとも合っているフォームになります。歩きの姿勢を少し、前傾すれば走りになりますね。省エネの走りでは足の筋肉を酷使しません。また腕ふりも大きく振りません。

骨格走りを研究してみてはいかがでしょうか。
禍を福にできると確信しています。省エネ走法のきっかけになるでしょう。

    
質問者からのコメント
回答日時
2017/03/06 13:04:15
不適切なコメントとして報告する
ご回答ありがとうございます!

“骨格走り”早速ググってみました(笑)
やったことないですね。書籍もあるようなので勉強してみようと思います。

2)については、なるほどと思いました。
いつも酷使してしまいますし、以前両脚を攣って救急搬送されたことがあるくらいです。ですので研究する価値はかなりありそうです。

私はハーフ以降のペースダウンが大きいので、フル攻略に糸口になればと思います。


回答No.7
回答者
吉田十段[6913919]
回答日時
2017/03/06 09:55:51
不適切な回答として報告する
     
kuromasuさん、こんにちは。
肩の故障がランにも大きく影響するんですね。

左右のバランスはシューズの底を見ると
よくわかります。
アンバランスな擦り減り、前の中心部が
減ると理想的ですが、どうしても左右に偏りがあります。
それを意識する、つまり着地点を同様にすることで
バランスが良くなります。
あとは「脚は前に、股関節の横に足の付け根があると思って」
この意識で走ることでしょうか。

まずは通常よりもキロ1分~1分半遅くジョグしたり
坂道をゆっくり走ることでフォームは固まります。
無理しますと故障の原因になりますので
ゆっくりフォームを固めてくださいませ!

    
質問者からのコメント
回答日時
2017/03/06 23:42:47
不適切なコメントとして報告する
ご回答ありがとうございます!
右肩の可動域が狭くなってしまったので、足が上手く前に出なくなってしまった結果が今の状態ですね・・・。

私のシューズの底は、基本的に前の中心部からすり減るのですが、今のコンディションでは右足が極端にすり減っています。もともと体幹がしっかりしているほうなので、ゆっくり走ることでフォームチェックしていくと良さそうですね。


回答No.8
回答者
亀[13059]
回答日時
2017/03/09 00:47:32
不適切な回答として報告する
     
こんにちは、kuromasuさん。

年齢・性別・走歴・走力、身長体重等は完全に不明ですので返答が難しいですが経験談だけお話します。
私はマラソンを始めてからも何度か40肩に苦しみました。肩関節に可動域制限が出て挙動全体のバランスがくるってしまったという点では類似していると思います。

修正方法は痛い方の可動域に痛くない方を合わせることです。
単純な話なのでお怒りになるかもしれませんが、本当にこうしました。
全体的にフォームが小さくなってしまいましたが、左右のブレ(ずれ)は膝関節にダメージが出ましたので、
コンパクトなフォームになっても左右バランスを整えるため調子の良い方の可動域を狭めました。
練習後は痛い方も可動域が広がるようにセルフリハビリを実践し、痛くない方は可動域が狭くならないようダイナミックなモーションを上体だけ行ないました。

早く、ベストコンディションになるといいですね。お大事に。

    
質問者からのコメント
回答日時
2017/03/09 10:46:53
不適切なコメントとして報告する
ご回答ありがとうございます!
何度もご経験があるのですね。参考になります。亀さんの書いていることと全く同じ状況です。

> 修正方法は痛い方の可動域に痛くない方を合わせること

現在もスポーツクリニックでリハビリとセルフリハビリを続けていますので、少しずつ良くなっていますが、左右のバランスは崩れたままです。亀さんのおっしゃるように痛くないほうを合わせることを試してみます。


回答No.9
回答者
ogaoga[7973491]
回答日時
2017/03/09 09:35:20
不適切な回答として報告する
     
こんにちは。何かをかばいながらそのようになっているのかもしれませんね。
少し左方向を身体が向く感じではしっているとお見受けします。
まずは身体のバランスを整えるためにも専門家に診てもらいつつ、抜本的なフォーム確認を徹底してみるとよいと思います。
ゆっくりペースから徐々にスピードを上げていかないと結局はいつものフォームに戻ってしまいます。

私も左肩に違和感を感じ、そこから右脚の足底筋膜炎、それが治りかけて左脚の腸脛靱帯炎と左右のバトンタッチをするように影響があり、やっと回復傾向です。痛みを和らげるのはストレッチなどなのですが、再発しないようにするにはフォーム改善、特に着地ポイントでした。

発症した箇所を改善するものと再発する原因を無くすことは別なのでそれを念頭に置いて少し長期間かけてフォームの見直しがよいと思います。
がんばりましょう!

    
質問者からのコメント
回答日時
2017/03/13 11:44:28
不適切なコメントとして報告する
ご回答ありがとうございます!

ここ半年、プロスポーツ選手を多く診ているクリニックに通っています。そのあいだに右肩から右足にバトンタッチしてしまいました。実際はまだ両方ですがリハビリにはまだ時間が掛かりそうです。着地ポイントですよね。まさにそれで苦しんでいます。ogaogaさんも“やっと回復傾向”と書かれているので、きっと長いトンネルだったのでしょうね。ストレッチとフォームチェックに努めます。


回答No.10
回答者
ハロ3号[7233193]
回答日時
2017/03/10 22:09:40
不適切な回答として報告する
     
ほとんどの人は、足の長さや足の筋肉量は、左右で異なります。
差がある人だと数センチ違うようです。私も1cmくらい右足が短いです。
その結果、走るときに使う筋肉が左右で異なり、結果、左右で足の疲労が違ってきます。

それを修復するには、手っ取り早い方法では、靴のインソールで調整します。
できれば、オーダーメイドのインソールを作成してくれるショップを探して、
自分に合ったインソールを作ってもらうと、走るときのバランスがとりやすいです。

地道に治していく場合は、左右の足でそれぞれ弱い部分があると思いますので、
その筋肉を重点的に筋トレするといいです。
左右同じ筋トレするのではなく、片方だけ弱い筋肉を使う筋トレをします。
筋トレの方法は、ネットで筋肉の名称を調べて、ユーチューブで筋肉名で検索すると、
筋トレの動画が出てくると思います。
ただし、筋トレの効果は、半年から1年は継続しないと、効果の実感はないと思います。

インソールの場合は、すぐに効果がわかると思いますよ。
安く試したい場合は、以下のインソールの下に入れるインソールを片足だけ入れてみると、違いが分かると思います。

ソルボスーパーシート
https://www.sorbo-japan.com/products/detail.php?id=37

    
質問者からのコメント
回答日時
2017/03/13 11:49:38
不適切なコメントとして報告する
ご回答ありがとうございます!
現在、左右の足の筋肉の使い方が違うので、筋肉痛の出方も左右で違います。以前はこんなことなかったので、バランスを崩したまま走るのはマズイなと思いつつも走りたくて走ってしまうという(苦笑)

私も右足が短いです。インソールも検討の余地がありそうですね。最近、筋トレもしないといけないのかな?と思うようになりました。右足が弱くなっているので試してみようと思います。時間はたしかに掛かりそうですね(苦笑)


回答No.11
回答者
ryou0604[8802537]
回答日時
2017/03/10 23:43:44
不適切な回答として報告する
     
左右の足の動きがバラバラということですが、やはり癖が原因だと思われます。
怪我、病気だった時に体をいつも通り動かすことができなかったことにより、変な癖がついてしまったのだと思います。
ここで、走りを治すためにとりあえず走る!というのは私はお勧めしません。
私のおすすめする方法は、「歩く」ことですかね。まずは歩きでフォームを改善することが大切です。
私が通っている学校では、フォームがよくない部員は競歩をやらせることが多いです。もちろん走るのも時折混ぜてますが、走るよりは歩くのほうがいろいろと利点があると思います。
なので、走るときなどは、スタートする前にまずは歩きを取り入れてみてはどうでしょうか?
良ければ参考にしてください。

    
質問者からのコメント
回答日時
2017/03/13 11:52:50
不適切なコメントとして報告する
ご回答ありがとうございます!
他の方からもありましたが、“歩く”ことは大事なのかもしれないなと思いました。少し軽視していた部分もあって、走るほうがいいんじゃないかと思っていましたので、まだ始めたところですが、競歩を取り入れたり、普段歩く際にも気を遣ったりしています。まだ右側の柔軟性が少ないので、ストレッチも加えつつ、左右のバランスを整えていこうと思います。


回答No.12
回答者
アポロ[6630506]
回答日時
2017/03/11 17:55:08
不適切な回答として報告する
     
ゆっくり走るときに、左右の足のバランスや、角度などを意識して走ってみてはいかがでしょうか。

    
質問者からのコメント
回答日時
2017/03/13 11:55:03
不適切なコメントとして報告する
ご回答ありがとうございます。最近は時々、動画で撮ってもらってフォームのチェックをしています。ゆっくりな時と速い時ではフォームに違いがありますね。早い時には顕著に左右の違いが出ています。やはりゆっくり走るときのイメージを意識しながら、徐々に速くしていくと良いのかもしれません。


回答No.13
回答者
こっこ[8466699]
回答日時
2017/03/15 16:22:03
不適切な回答として報告する
     
はじめましてkuromasuさん。ラン暦2年の45歳ランナーです。
症状は異なりますが、自分の場合は30年近く前に右大腿骨を骨折し、その後リハビリ等を行っても股関節が90度くらいまでしか動かない状態が続いていました。
日常生活での不便はさほど感じていなかったのでこの状態で生活していましたが、ランニングを始めてから、右足の足裏に痛みが発生したり、またシューズの減り方も左右で異なったりしていました。
この股関節の動きが悪いことが原因だと思い、とった行動はいまさらながらのリハビリと不足している部分の筋トレおよび入念なストレッチです。
動きが悪いと言うことは、その分、筋肉のすべてが使えていないと思ったので、右足は左足よりも筋トレの強度を上げています。
また、動かない関節をサポートする意味でもその周りの関節(自分の場合足首や腰まわりなど)や筋肉のストレッチを入念に行っています。
その結果かどうかわかりませんが、30年近く動きの悪かった股関節も風呂の中だけですが可動範囲が大きくなり、また足裏の痛みも楽になってきました。
しかし、走行中の足音は左右で異なるなどまだまだバランスは悪いようです。
無理してそろえるよりも、どのようにしたら楽に走れるのかを工夫されると良いかと思います。

    
質問者からのコメント
回答日時
2017/03/16 12:06:24
不適切なコメントとして報告する
ご回答ありがとうございます!
私も日常生活はさほど不便を感じておらず、ランニングになるとかなり不便と言いますか困っています(苦笑)走行中の足音は左右で異なるのも同じです。かなり右足のほうが音が大きいです。しかも足裏に関しても、左足で蹴って右足でブレーキを掛けてしまうので、水ぶくれができてしまうこともあります・・・。

ストレッチはコツコツと行っていますが、筋トレまではあまり気にしていませんでした。行ってみます。

“どのようにしたら楽に走れるのか”・・・そうですね。実は左右のバランスが取れていないフォームでもタイムが大きく落ち込まなくなってきています。フォームに関して、周りからはいろいろ言われていますが、楽に走れる工夫は必要だと思います。とても分かりやすいアドバイスありがとうございます!


    13件中  1~13件目表示  

ランナーの知恵袋検索

テキスト検索

検索する

ランナーの知恵袋