本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

ランニング初心者集まれ

ランニングコーチが語る『わたしのあの頃』浦谷さん 第3回

ランニングコーチというと、元箱根ランナーなど、バリバリの陸上部出身ばかりと思っていませんか? なかには、陸上競技の経験がなくてもイチからランニングを始め、極めていったコーチもいるのです。 そんな“市民ランナー出身”のコーチが登場し、現在までの成長と皆さんへのアドバイスなどを語ります。
今回は、元Team R2メンバー・浦谷美帆さんの、”いま”のランニングライフについてお送りします。
第1回(ランニングを始めたきっかけ~初フル完走まで)はこちら
第2回(初フルの後~現在の自己ベスト達成まで)はこちら

フルマラソン以外のランニングの楽しみ方

フルマラソンを本格的に走り始めて、全国各地いろんな大会に参加しました。今年もつい先日開催された「北海道マラソン(8月27日)」など、探せば年中どこかでフルマラソンは走れます。ただ、一年中遠征していると旅行費用もかさむし…。そこで、通年「楽しく」走ることを継続するため、『トレイルランニング』にチャレンジし始めました。

怠けがちな夏場のトレーニングでも、街中より1~2℃は涼しい山道を走るのは快適。マイナスイオンたっぷり、雄大な自然の中を冒険するように駆け抜ける非日常なコースに、トリコになりました。舗装路のランニングと違って、傾斜のある登りは割り切ってウォーキング、植物観賞は仕事で疲れた目の保養になります。担いで登ってきた行動食を山頂で温めて食べたり、冷えた川の水をろ過して飲んだり…不便な中でも、工夫をすればいくらでも格別な時間を過ごすことができます。

ロードに比べて数は少ないですが、15kmくらいの初心者向けから100マイルのロングレースまで、年間通してバラエティーに富んだトレイルラン大会が各地で開催されています。最近出場したのは、群馬県の『スパトレイル〔四万to草津〕』の72kmの部。県内の四万温泉から草津温泉を結ぶコースです。
自分の身ひとつで旅するように過ごす時間は、ランナーになって本当に良かったなと思える人生の楽しみです!

最近の練習

週に2回ほど 10~15km ペース走orビルドアップ走 もしくは1000mダッシュ5~10本、5kmジョギング


SPAトレイルレース 中間地点あたり ロードだと追いつけない速さのラン仲間とも、トレイルだと休憩のタイミングなどで追いつけてこんな写真がとれることもあります

SPAトレイルレース 中間地点あたり
ロードだと追いつけない速さのラン仲間とも、トレイルだと休憩のタイミングなどで追いつけてこんな写真がとれることもあります

SPAトレイル レース中とゴール地点

SPAトレイル レース中とゴール地点

冬場はゲレンデとなって走れない、斑尾高原スキー場

冬場はゲレンデとなって走れない、斑尾高原スキー場

左:今年いちばんのチャレンジ、チームで出た高低差8000m越えの84km縦走レース「分水嶺トレイル」野宿も入れて丸2日かけてゴールしました。たくさん歩きました。
右:仕事の一貫で東京都青ヶ島まで孤島のトレイルランニング


浦谷美帆さん プロフィール

都内を拠点に活動するフィットネスインストラクター、ランニングコーチ(ランニングチームRabbitFoot)。ランニング親善大使・「Team R2」の第2期~第4期のメンバーを務めた。現在の自己ベストは3時間15分07秒(つくばマラソン2016)。