本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

ランニング初心者集まれ

コーチが教える! 初心者ランナーのSTEP UPレッスン 第1回

先輩ランナーの走り始めから現在までの成長の軌跡を、実際に指導したランニングコーチのアドバイスとともにご紹介します。
現在はサブフォーランナーの梶嶋佐知子さんは、実は子どもの頃から運動が苦手で、体育の時間が憂うつ…というタイプだったそう。そんな梶嶋さんが走り始めたのは、「ダイエットのため」でした。

第1回
やせたい!がきっかけ。走り始めの頃

なんとなく走り始めたものの、最初の1年ぐらいはなかなかコンスタントに走ることができず、走ったり走らなかったりとムラがありました。

ネットには「レースを入れるとモチベーションアップ!」と書かれていましたが、「レースは無理、無理!」と思っていました。そんなときにランニングレッスンの存在を知り、思い切って参加してみました。定期的にランニングレッスンへ参加するようになってからはモチベーションをうまく保つことができるようになっています!


今の練習は、主に朝ジョグです。
意思に頼ってランニングをしても続かなくなるので、習慣化することに全力を注いだ結果、朝ジョグになりました。

夜は仕事が遅くなることもあり、ランニングできないことも多かったので、朝に時間を確保するようにしました。日の出が早い夏のうちに習慣づけることにより、冬でも朝にジョギングできるようになりました!

梶嶋さんの週間トレーニング
月曜 お休み
火曜 朝ジョグ(ゆっくり6kmぐらい)
水曜 朝筋トレレッスン
木曜 お休み
金曜 朝ジョグ(ゆっくり6kmくらい)
またはランニングレッスン(きつめのもの)
土曜 ランニングレッスン(きつめのもの)
またはジョグ
日曜 朝ジョグ(ゆっくり6kmくらい)
ヨガレッスン

猪瀬コーチのアドバイス

走り始めの頃の梶嶋さんには、おしゃべりできるくらいのスピード(キロ8分程度)で走るように、と指導していました。

走り始めたばかりの方で一番大切なのは、「走ることを嫌いにならずに続けること」です。まずは歩くぐらいのペースで走りましょう。ゆっくり走って、走る気持ちよさを体験してください。

走るとき気を付けたいのは「猫背にならないように」「腕を振るように」。
上半身が楽をすると、その分下半身が苦労して、下半身だけで走ってしまうようになります。

モチベ―ションの維持が大変・・・という方は、梶嶋さんのように、レッスンや練習会を活用して、ランニングのリズムをつくるのも良いですね!


梶嶋 佐知子さん(38歳、自営業)
スポーツ経験がほぼゼロの中、ダイエットのために、2014年ごろからランニングを開始。
2014年9月にレースデビュー、2016年1月にハーフ(ハイテクハーフ)、3月にフル(名古屋ウィメンズラン)に出場。
猪瀬コーチのランニングレッスンに通い、普段の練習は、平日の週2回、朝ランを行う。

コーチ:猪瀬 祐輔さん
東洋大学駅伝部出身、第81・83回箱根駅伝メンバー
自己ベスト: ハーフ1時間4分59秒、フルマラソン 2時間25分09秒
指導のモットー: 走るという単純なことからより多くの嬉しさを感じてもらい、どんな小さな嬉しさもスポンジのように吸収して感じることのできる究極の心を手に入れてもらう。

<猪瀬コーチのレッスン情報はこちら>
猪瀬コーチ ブログ⇒ https://ameblo.jp/inoseyusuke/
ASICS CONNECTION TOKYO ⇒ https://www.asics.com/jp/ja-jp/asics-connection-tokyo/
ラフィネ ランニングスタイル ⇒ http://raffine-rs.com/