本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

これから走る方へ

ダイエットにランニングが最適な理由


私たちの体重は、食事に含まれるエネルギー(摂取エネルギー)の量と、生命を維持したり、活動したりするために使われるエネルギー(消費エネルギー)の量のバランスによって変化します。摂取エネルギーのほうが多くなれば体重は増加し、消費エネルギーのほうが多くなれば体重は減少します。

ランニングでは、1km走るのに、体重1kgあたり1kcal消費するといわれ、体重50kgの人なら1kmのランニングで50kcalの消費になります。

このエネルギーを身体の脂肪でまかなったとしましょう。脂肪は1gで7kcalのエネルギーに相当するため、脂肪1kgを使うには7000kcalの運動が必要になります。この7000kcalをランニングに置き換えると、1kmで50kcalなので、140km走ることになります。つまり、体重50kg の人は140km走るごとに脂肪を1kg減らせるというわけです。月間140km走れば、毎月1kg減量できるという計算です。

運動をせずに、摂取カロリーだけを減らしても体重は減りますが、それでは脂肪だけでなく、筋肉までも減ってしまいます。また、筋トレなどの無酸素運動だけするのも、効率のよい脂肪燃焼には繋がりません。

有酸素運動であるランニングで筋肉に刺激を加えていると、脂肪が効率よくエネルギー源として使われていくので、理想的な減量法と言えるのです。

また筋肉がついてくることにより基礎代謝が上がり、寝ている間さえも脂肪を燃焼しやすいからだに変化していきます。その意味でも、筋トレとランニングを組み合わせることでより代謝UPすることができ、スムーズな脂肪燃焼に繋がるでしょう。