本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

ランニング基礎知識

正しいフォームを意識しよう


フォームの基本は「疲れないこと」。ムダな力や姿勢の偏り、不自然な動作は疲れの原因になります。また、一人ひとり体型や筋力が違うように、(たとえエリートランナーであっても)みな同じフォームで走っていることはありません。
最低限おさえたいポイントは次の通りです。

正しい腕振りを身につける

肩はリラックスしたまま、ひじはできるだけ低い位置で振り、ひじと手首が体側を通るとき脇から離れない状態が理想です。
こぶしを軽く握り、左右対称、同じリズムで軽快に! 脚が重くなるトレーニングやレースの後半は、腕振りでリズムを取って走りましょう。
手首に力が入ったり、肩が上がって腕振りが力んでしまう人は、肩から背中の筋肉が硬くなっていることが多いようです。
ランニングの前に、腕を振りながら歩く「腕振り歩行」や、背中のストレッチをやってみてください。

腰の位置を高く保つよう意識する

背筋が伸びた、腰の高い姿勢をとりましょう。
よいフォームとは、上半身(腕振り)と下半身(脚の動き)がスムーズに連動する「全身をうまく使う走り」のこと。その要(かなめ)は腰回りです。
高い位置で安定した腰の動きができるようになれば、走りにリズムとスピード感が備わり、“キレ”も生まれます。

重心の上下動を少なくしよう

ピョンピョンと飛び跳ねるような走りは、エネルギーの無駄使いですし、着地時の衝撃が大きいので勧められません。
地面を強く蹴ろうとせず、それよりも「もも上げができているか」「ひざがまっすぐ前に出ているか」「柔らかな着地か」を意識してください。
全体的になめらかな動きであること、また、力み過ぎず、全身のリラックスがうまくいっていることが大切です。

▼月刊ランナーズ「動画で学ぶランニング」
市民ランナーのフォームを動画で撮影。改善方法をコーチがアドバイスします!
http://runnet.jp/movie/