本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

ランニング基礎知識

昼休みに走る!その注意点は…


ランナーの中には、昼休みを利用して走っている人も少なくありません。昼休みランニングには、どんな注意が必要でしょうか。身体は、すでに動きやすくなっているため、朝走るときより簡単なウォーミングアップでOKです。時間が決められているため、トレーニングに集中できます。仕事の気分転換にもなり、午後から新たな気分で仕事に取りかかることができます。

一方、ほとんどの人が45分~1時間の休み時間内に、着替え、トレーニング、また着替え、食事を終えなければならず、実際に走れる時間は20~30分ほどでしょう。走るコースを予め決めておき、集中して行いましょう。

走った後は、シャワーを浴びてすっきりしたいところですが、そういう設備がない場合は、濡れタオルで身体をふきましょう。ドラッグストアなどで、デオドラントのふき取りシートなどが販売されているので、ぜひ利用してみてください。

RUNNETユーザーを対象としたアンケートでは、約4%の人たちが昼休みに走ると回答しています。中には職場の階段を上ったり降りたりする人も。また職場近くのスポーツクラブで時間を決めてトレッドミルで集中して走るという人もいました。

RUNNETユーザーを対象としたアンケートでは、約4%の人たち
が昼休みに走ると回答しています。中には職場の階段を上ったり
降りたりする人も。また職場近くのスポーツクラブで時間を決め
てトレッドミルで集中して走るという人もいました。



食事については、どうしても早食いになりがちです。お弁当をもっていけば、時間の短縮にもなりますね。トレーニングに時間をとられて、食事の時間がなくなったというような場合は、とりあえずエネルギー補給ドリンクやエネルギーバーを取り(机の中に用意しておくといいでしょう)、夕方に軽食をとるのもいいでしょう。レースに使う補給食を、試してみるのもいいかもしれません。

ランニングというすばらしい趣味を持っているのですから、その趣味を職場のみんなにも理解してもらい、うらやましがられるようになりたいものです。