本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

ランニング基礎知識

レースの前のウオーミングアップ


レース当日、会場入りして準備を終えたら、スタートまでの時間を利用してウォーミングアップをして、走れる身体へと馴らしていきましょう。
ウォーミングアップとは、その言葉どおり、身体を芯から暖めることで、ゆっくりジョギングして軽く汗をかく程度に行います。身体が軽くなり、スムーズに動けるようになればよいのです。しかし、初心者は、スタート前にウォーミングアップをやり過ぎると疲れてしまい、肝心のレースで走れなくなってしまうので、注意しましょう。

●ウォーミングアップの例(スタート30分前)
(1)ウォーキング(3~5分)
(2)ストレッチ5分(アキレス腱、下腿、大腿部、お尻、背中、体側、腕、胸、肩など)
(3)ウォーキングとジョギングを2分ずつ交互に行う(2回)
(4)レースウエアに着替える(身体が冷えないように手早く)
(5)5分前にはスタート地点へ移動

なお、気温が高いときのウォーミングアップは、短時間にすませ、寒い時は、ウインドブレーカーなどを着た暖かい状態で、時間をかけて念入りに行いましょう。


関連記事