本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

ランニング基礎知識

レース当日の行動スケジュール


朝食をしっかりとり、いざトイレへ

レース当日は、予定の時刻に起床し、落ち着いて朝食をとりましょう。その後、トイレということになりますが、緊張や、普段の時間帯と違うなどで、出にくいかもしれません。出かけるまでの間に様子をみて何度もトイレに行ってみることです。
ウォーミングアップを始めると、よく便意をもよおしてくる場合が多々あります。トイレのために、会場に早めに行ってウォーミングアップをするというランナーもいるくらいです。出るものはすべて出してレースにのぞみたいですね。
荷物の準備は前日までにすませておくとして、シューズ、ウエア、ナンバーカード引き換え証などが、最も忘れたくないものなので再確認を。


人気大会ほど早めに会場入りすべし!

レース会場に到着してからは、慌しく時間が過ぎていきます。特に人気大会では、何をやるにも待つことがあります。
会場での車の駐車、シャトルバスに乗るとき、受付でのナンバーカードの引き換え(ナンバーカードが事前に届く大会も増えています)、荷物預かり、トイレなどなど、すべて待つ時間も想定しておくにこしたことはありません。
そのほか着替え、ウォーミングアップ、スタート前に水分や補給食などをとったりという時間を考えると、スタートの1時間前の会場入りでは、慌ただしくなってしまう可能性があります。せめて1時間半~2時間前くらいに会場入りするつもりの計画を立てておくと安心です。


●レース当日の行動(例)

5:00  起床 食事、荷物の点検、トイレ
6:30  自宅出発(余裕をもって)
8:30  現地到着、受付、着替え、トイレなど
9:30 ウォーミングアップ、着替え、荷物預けなど
10:00 スタート

関連記事