本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

ランニング基礎知識

ランニング後のおすすめ入浴法

お風呂には、筋肉を緩め、疲労物質を除去しやすくする水圧・浮力の恩恵があり、シャワーだけでは期待できない疲労回復効果が望めます。レース後など、疲れがたまっている時は「低温浴」を実施しましょう。水温38~39℃くらいの湯に30分~1時間ほどかけて入り、じっくりと身体を温め、血流を良くしていきます。時間をかけて入ることで芯から温まることができます。

お湯に入ったら身体全体のチェックを。酷使した筋肉や足の裏、足の指先、身体の末端部分などを、張りがないかどうか、手を使っていたわるように確認します。湯船の中では、筋肉が温まり、かつ浮力があるためマッサージもしやすいはず。ときには、全身を優しく揉みほぐしてみましょう。とくに疲れが激しい部位があれば、お風呂で温まり、冷水のシャワーを15秒浴びることを交互に5回繰り返す「交代浴」が疲労回復に効果的です。

入浴後は、水やスポーツドリンクなどでしっかり水分を補給しましょう。ビールは入浴後ならけっこうですが、入浴前のアルコールは絶対にやめましょう。