本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

ランニング基礎知識

足のマメ対策


ランニング中に、足にマメができてしまった経験を持つ人も多いと思います。マメは、接地の繰り返しの摩擦によって起こるやけどの一種です。初期は、皮膚が赤くなって痛むだけですが、そのまま走り続けると水泡ができ、さらには水泡が破れることがあります。ランナーが「マメができそうだ、ちょっと痛くなってきた」と感じるのは、まだ皮膚が赤くなり始めた頃です。

この初期の段階で適切な処置を行っておけば、マメの進行をかなり遅らせることができます。もし、ソックスのしわや、シューズのひもの締め過ぎが原因なら、立ち止まって直しましょう。

はき慣れない新品のシューズで走ったためにマメができるというケースも多々あります。慣れないシューズでいきなりレースに出るのはやめましょう。

マメは、小さな水泡であれば、そのまま放置しても2、3日で中の液体が吸収されて自然に治ります。大きな水泡の場合には、消毒した針をさして液体を抜き、その穴を消毒して、皮膚をしっかりとテープなどで固定します。雑菌が入らないように注意してください。

マメの予防には、摩擦を減らすためにマメのできやすい部位にワセリンや擦れ予防のジェルなどを塗っておくといいでしょう。また、5本指のソックスがマメ防止に効果的という声もあります

【レース中のマメ対策と治療法について】

1.通気性の良いシューズを履く

2.シューズのひもは緩く締める

3.オーバーペースは禁物

4.コンディションを整える

5.レース中は治療しない

6.ゴール後はアイシングと圧迫

7.治療後は消毒し、清潔に保つ