本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

ランニング基礎知識

レース中に腰が痛む


腰痛はいろいろな原因で起こりますが、レース中に出る腰痛は、疲れが溜まり筋肉が張ったことで引き起こされるというケースが多いようです。

解消法は、まず、立ち止まって腰を回したり、前後屈を行って腰背筋をゆっくり伸ばします(腰の周辺の筋肉をリラックスさせる)。背中をそらせて走っていると腰痛になりやすいので、心もち前傾姿勢に変えてみるといいでしょう。合谷(ごうこく=手の親指の骨とひとさし指の骨が付け根で合流するポイント)というツボを押しながら走るのもいいようです。


よく腰痛を起こす人は、日頃からトレーニング後に腰部のストレッチをし、腰のマッサージを行って、腰背筋をほぐしておくといいでしょう。マッサージというと、ぐいぐい押してもらうことを想像しますが、凝っている部分を、時間をかけてやんわりとさすり、少しずつほぐしていくだけでも効果があります。