本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

雑誌・書籍


ランナーズ2018年9月号

サムネイル:ランナーズ2018年9月号

2018年07月21日発売
定価:780円

特集
苦しい手前の快適走で効果あり
速くなるには、スピード走が絶対大切!
特別企画
朝ラン大好きランナー大集合!
にっぽん全国「朝ランひろば」
特別企画
総額100万円超!
編集部が選んだ商品を読者の皆さんにプレゼントします

特集ページ:苦しい手前の快適走で効果あり<br />速くなるには、スピード走が絶対大切!

苦しい手前の快適走で効果あり
速くなるには、スピード走が絶対大切!

「苦しいから継続できない」と考えているランナーは必読!
苦しまない〝快適レベル〟で実践できるスピード走の新定義を山西哲郎先生が伝授します!

特集ページ:朝ラン大好きランナー大集合!<br />にっぽん全国「朝ランひろば」

朝ラン大好きランナー大集合!
にっぽん全国「朝ランひろば」

「日曜朝を30kmロング走の日に」「朝4 時は涼しくて気持ちよかった」など、朝ランで7月のトレーニングが充実しているランナーが全国から大集合。夜ラン派も「やってみようかな」と思えるかも!

特集ページ:総額100万円超!<br />編集部が選んだ商品を読者の皆さんにプレゼントします

総額100万円超!
編集部が選んだ商品を読者の皆さんにプレゼントします

シューズ、GPS ウオッチ、オシャレなウエアなど。ランナーズ編集部がスーパースポーツゼビオで購入したランニンググッズ44点を81人にプレゼントします!

特別企画

  • サロマ湖100kmウルトラマラソン20年ぶり世界新記録誕生
    風見尚選手が6時間9分14秒

    砂田貴裕さんの世界記録を4分以上更新した市民ランナー、風見選手に練習方法などをインタビュー。
    母校、駒澤大学の大八木弘明監督のコメントも。

  • 「焼きまんじゅう店」店主・東宮直貴さんが
    80kgでも3時間22分で走れるワケ

    マラソンでは体重は軽いほど良いが「常識」です。でも、東宮さんの実例を通じ、「重い=遅い」ではないことを研究者が解説します。

  • マラソン、成功の裏に反省あり

    失敗は快走の素?! 「反省」を力に変え、快走したランナーたちのストーリーをご紹介します。

連載

今月の川内家
一家で参加したゴールドコーストで「KAWAUCHI」人気を実感

寝ても覚めてもサブスリー
関西ランナーの間で話題?! 北摂のサブスリー道場

TOPRUNNER の週間健康「ランニング」日記
「心臓の権威」がサロマ出走
「痛みとの戦い」結果はいかに……
新沼廣幸さん(54 歳)
聖路加国際病院 心血管センター・循環器内科

今年こそトレイルを走る!
上を見れば何も無い真っ青な空
足下には真っ白な雲海が広がる浅間山外輪山(長野県)
写真/室伏那儀

短期連載 富士登山競走新常識
「常に最高のゴールを思い浮かべる」(昨年3位の江本英卓コーチ)

走る仲間のひろば
97歳と100歳の健脚自慢、
サロマ湖100kmに8人が出走した企業内ランニングクラブなど登場

日本を走ろう
「庄内平野と鳥海山」
写真/小野口健太

ランニング人生の楽園
農業もランも目標を持つから面白い
石野順久さん(神奈川県・64歳)

マイトレーニング
「メンタルトレーニング」で集中力を高め
東京マラソンで7年連続エリート枠出場
松岡直希さん(三重県・37歳)

ウルトラにっぽん
「短気」な常務はウルトラで「我慢」と「感謝」を知った
島田正悟さん(東京都・67歳)
取材・文/植松二郎

マラソンの行方
瀬古利彦と見て来たマラソンの行方
酷暑の2020 東京まであと2年

恩師への手紙
田中正直さん(ランニングコーチ)→工藤裕行先生(札幌日大高)
初めて5000mで14分台を出した時「やったな」と
頭をくしゃくしゃに撫でてくださいましたね

高校陸上部訪問「希望の星」
「重視するのは『ジョグ』。集団走で団結力と脚力を磨く」
上田西高等学校(長野県)

山梨学院大学陸上競技部が挑む箱根駅伝
疾風勁草知

「駅伝とは、心象風景を襷に込めて走る競技」

藤原 新「マラソンランナーとして生きる」
高校時代から抜け出せない「フォームの迷宮」

ニッポン全国 俺の坂
小室山頂(静岡県)までの800mは
お花畑や木立の中を走り、「癒し」のはずが……

科学と走るランニング
ランニングは病気に対する「薬」
文/大坂貴史(綾部市立病院内分泌・糖尿病内科医長)

在シドニー雑誌編集長・千葉征徳の
オーストラリアラン自慢!

献金額をランキングする大会も。
オーストラリアのチャリティラン事情

もっともっとスクワット
毎日スクワットを60回1セット行い
68歳で富士登山競走を完走
小尾俊一さん(埼玉県・69歳)

バックナンバーを見る

ランナーズバックナンバー

  • サムネイル:ランナーズ2019年1月号

    2019年1月号

    【特集】
    だれでもできる、明日からできる
    日本全国通勤ラン

  • サムネイル:ランナーズ2018年12月号

    2018年12月号

    【特集】
    やっぱり大事なのは股関節&肩甲骨
    今すぐできる「快走ポーズ」

  • サムネイル:ランナーズ2018年11月号

    2018年11月号

    【特集】
    美女トレーナー推奨のV字腹筋って?!

  • サムネイル:ランナーズ2018年10月号

    2018年10月号

    【特集】
    至福の“ヘトヘト疲労”を味わう
    35km走が、マラソン快走に効く?!

  • サムネイル:ランナーズ2018年9月号

    2018年9月号

    【特集】
    苦しい手前の快適走で効果あり
    速くなるには、スピード走が絶対大切!

一覧へ

  • MCC
  • ランフォト
  • 2018ランナー世論調査
  • RUNNET TRAIL
  • 世界のマラソン情報 ツアー情報 海外マラソンガイド
  • TeamR2
  • お得情報満載!メールマガジン
  • ランナーズポイントRUNPO(ランポ)
  • RUNNET GLOBAL
  • facebook
  • twitter
  • BSI